エプソンダイレクトのEndeavorシリーズに、新たなフラッグシップモデルEndeavor Pro4500が加わった。チップセットに最新のX48 Expressを採用し、Core 2 Extreme QX9770やNVIDIA GeForce 9800GTXなど最新・最速のスペックを搭載可能なハイパフォーマンスモデルだ。Endeavor Pro4300の優れた拡張性やメンテナンス性は継承しつつ、よりパワーアップしたEndeavor Pro4500の実力を探ってみよう。

製品名
 Endeavor Pro4500
タイプ
 
選択可能CPU
 Intel Core 2 Extreme QX9770
 Intel Core 2 Quad Q9550
 Intel Core 2 Quad Q9450
 Intel Core 2 Duo E8400
HDD
 80GB~1TB(シリアルATAⅡ対応 7200rpm)
メモリ
 2GB(FSB 1600MHz CPU)
 2GB、4GB(FSB 1333MHz CPU)
グラフィックカード
 NVIDIA GeForce 9800GTX
 NVIDIA Quadro FX1700
 ATI Radeon HD3870、HD3850、3650、3450
 ATI CrossFire [ATI Radeon HD3870]×2
 ATI FireGL V3350
付属ディスプレイ
 なし
重さ
 約19.6kg
価格
 178,080円~

 X48 Expressチップセット採用で圧倒的パフォーマンスを実現!

 一段と充実した高性能グラフィックカードのラインナップ

 拡張性、メンテナンス性に優れたケースにプレミアム感をプラス

X48 Expressチップセット採用で圧倒的パフォーマンスを実現!

Endeavorシリーズのフラッグシップモデルとして新登場したデスクトップPC、Endeavor Pro4500。その最大の魅力は、チップセットに最新のX48 Expressを採用したこと。X48 Expressは、基本的にはX38 Expressをベースとして、FSB 1600MHzとDDR3-1600MHzのサポートが追加されたものだ。そして、CPUにはCore 2 Extreme QX9770(3.2GHz、FSB 1600MHz)を、2GBメモリにはDDR3-1600MHz対応のものを用意。これらを選択すれば、最速・最高のパフォーマンスを実現できる。

さらに、Core 2 Extreme QX9770用に専用のヒートシンクとファンが用意されており、効率的に熱を放出させ、より安定した動作を提供してくれる。また、そのほかのCPUラインナップには、Core 2 Quad Q9550(2.83GHz)・Q9450(2.66GHz)や、Core 2 Duo E8400(3.0GHz)などが採用されており、用途に応じて選択できる。なお、これらのCPUを選んだ場合は、DDR3-1333MHz対応のメモリを最大4GBまで搭載可能だ。

Core 2 Extreme QX9770には、専用のヒートシンクとファンを用意。効率的に冷やして、高性能CPUの動作を安定させてくれる

一段と充実した高性能グラフィックカードのラインナップ

今やハイパフォーマンスPCには不可欠となった、高性能グラフィックカードのラインナップも進化を遂げている。Endeavor Pro4500では、グラフィックが強化された最新のゲームや、ハイビジョン映像の編集・視聴に最適なNVIDIA GeForce 9シリーズを新たに採用。NVIDIA GeForce 9800GTXを選択すれば、リアルで迫力あるハイビジョン映像を堪能できる。

ほかにも、3Dグラフィックスのクリエイターやゲーマー向けには、ATI Radeon HD3870・HD3850・3650・3450、ATI CrossFire [ATI Radeon HD3870]×2などを、CAD用途向けにはATI FireGL V3350、NVIDIA Quadro FX1700などが用意されている。なお、大容量670Wの電源を標準搭載しているので、さまざまなカードの増設にも余裕で対応することが可能だ。

拡張性、メンテナンス性に優れたケースにプレミアム感をプラス

ボディカラーには、Endeavor Pro4300と同じくプレミアムホワイトを採用。アクセントカラーをダークグレーから高級感あふれるシャイニーブラックに変更することで、最上位モデルにふさわしいプレミアム感を演出している。さらに前面には、フラッグシップを象徴する専用プレートが装着された。

また、Endeavor Pro4300でも好評だった、拡張性、メンテナンス性に優れたツールフリー構造のケースは、Endeavor Pro4500でも継承されている。 最大4基(80GB~1TB)まで搭載可能なHDD(RAID 0/1/10に対応可能)は、フロント下の回転式ゲージに収納され、サイドパネルを開けなくても増設や交換が可能。光学ドライブなどの増設も、フロントパネルの開閉からドライブの脱着まで、ツールを使わずに完了できる。さらに、天面の前後に取り付けられた握りやすい形状のハンドルは、本体をちょっと移動したいという時に便利だ。

プレミアムホワイトのボディカラーに高級感あふれるシャイニーブラックをアクセントとして採用。また前面に専用プレートも装着されている

HDD(最大4基)はフロント下の回転式ゲージに収納され、サイドパネルを開けなくても増設や交換ができる

標準スペック

型番 Endeavor Pro4500icon
LAN 1000Base-T/100Base-TX/10Base-T(Intel製82566DCコントローラ)
インターフェース USB2.0×8(前面×2、背面×6)、ヘッドフォン出力×1、マイク入力×1、ライン入力×1、フロントスピーカ/ライン出力×1、センタースピーカ/サブウーファ出力×1、リアスピーカ出力×1、サイドスピーカ出力×1、シリアルポート:D-SUB9ピン、パラレルポート:D-SUB25ピン、eSATA:eSata仕様7ピン
サイズ W217×D501×H476mm(ハンドル含む、突起物を除く)
重量 約19.6Kg (基本構成時)

カスタマイズスペック(構成例)

OS Microsoft Windows Vista Ultimate with Service Pack1
CPU Intel Core 2 Extreme プロセッサ QX9770
メモリ 2.0GB(1.0GB×2) XMP 1600 DDR3 SDRAM
HDD 500GB シリアルATAⅡ対応 7200rpm
ビデオ NVIDIA GeForce 9800GTX 512MB
光学ドライブ スーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書込)シリアルATA対応
価格 447,930円(税込)

※価格については、2008/6/26現在のものです。最新の価格についてはエプソンダイレクトのサイトにてご確認ください。

(マイコミジャーナル広告企画)