楽天モバイルのエリア確認、エリア内なのに繋がらないときの対処法を総まとめ!

楽天モバイル エリア 楽天モバイル
楽天モバイルのエリア確認

「楽天モバイルへ申し込みたいけど、使う場所がエリア内なのか確認したい!」「楽天モバイルを使っていてエリア内にいるのに、なかなか楽天回線につながらない!」このような悩みを持っている方もいるのではないでしょうか。

楽天モバイルはまだエリアが全国に普及しきれておらず、エリア外の部分も多いといえます。また、電波状況がよくないと、エリア内でもパートナー回線につながってしまうことも頻繁にある状況です。

ただし、この記事を参考にしていただければ、楽天モバイルを楽天回線エリア内で安定的に無制限通信できるようになりますよ!

今回の記事では、そんな楽天モバイルエリアについて疑問をお持ちの方へ向け、楽天回線エリアの最新拡大情報や、楽天回線エリア内での接続方法を解説します。

月額料金0円〜利用可能!

この記事を書いた人
モバレコ 編集部

「スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に」をモットウに日々コンテンツ情報を届けている、スマホ・格安SIMの総合情報サイト「Mobareco-モバレコ」の運営者。マイナビニュースでも、毎日使うスマホについて快適に使えるようにユーザー目線に沿った情報発信を目指していきます。

モバレコ 編集部をフォローする

楽天モバイルの
お得なキャンペーン情報

店舗にいかなくてもネットから申込可能!

楽天モバイルお乗り換えが超おトク!

Rakuten UN-LIMIT Ⅵなら
1GBまでなら月額料金が0円!
さらに申し込みから3ヶ月はどれだけ使っても無料

楽天モバイルのお得なキャンペーン

  • 初回申込で必ず5,000円相当のポイント還元
  • 対象スマホとセット申し込みで最大25,000円相当のポイント還元
  • 回線のみ乗り換えでも最大20,000円相当のポイント還元
  • 家族みんなで申し込みで、さらに最大15,000円相当のポイント還元

※楽天ポイントでチャージ

楽天回線エリア内なのに繋がらないときの対処法

スマホ利用イメージ
繋がらない時の対処方法

楽天回線エリア内にいるのに楽天回線へつながらない場合は、次の対処法を試してみましょう。

<楽天回線エリア内なのに繋がらないときの対処法>

  • 楽天回線に手動で強制的に接続する
  • 機内モードにしてつなぎなおす
  • 再起動する
  • 端末を窓際に移動させる
  • 地下やトンネルはつながらない場合が多い

順番にそれぞれ解説していきます。

楽天回線に手動で強制的に接続する

まずは、楽天回線へ強制的に手動接続させましょう。ここでは、「OPPO A5 2020」を例に、回線の強制切替手順を解説していきます。

① 「設定」を開いたあと、「SIMカードおよびモバイルデータ」を選択する
接続方法1
「SIMカードおよびモバイルデータ」を選択
2. SIMを選択する(1枚しか入っていない場合は、「SIM1」を選択)
接続方法2
SIMを選択する
3. 「電気通信事業者」を選択する
接続方法3
「電気通信事業者」を選択
4. 「自動選択」をOFFにしたあと、「Rakuten 4G」を選択する
接続方法4
「Rakuten 4G」を選択
「Rakuten 4G」の横に色がついていないと、確実にパートナー回線へ接続されます。ただし、色がついていてもパートナー回線につながってしまうことがあるので、色がついていても「Rakuten 4G」をタップし、色をつけなおしてみましょう。
5. 「Rakuten 4G」の横に色がついたら完了
接続方法5
色がついたことを確認する

OPPO A5 2020では、ここまでの設定を行うと自動的に前の画面へ戻ります。画面が戻ったあとは、再び「my 楽天モバイル」アプリを開き、楽天回線エリアに接続されていることを確認しましょう。

ただしこの方法は、楽天回線エリア外にいる場合はもちろん、楽天回線エリア内でも電波状況が悪いと使えません。強制切替をしてもダメだった場合は、あきらめてパートナー回線を使いましょう。

機内モードにしてつなぎなおす

機内モードのオンオフを繰り返すと、接続回線がリセットされます。楽天回線エリア内にいるなら、接続回線リセットで楽天回線を再びつかむこともあるので、機内モードも活用してみましょう。

再起動する

エリア内にいても楽天回線につながらない場合は、端末自体に不具合が起きている可能性もあるため、スマホを再起動させてみるのも有効です。電源ボタンやサイドボタンを長押しし、スマホを再起動させて楽天回線をつかむか試してみましょう。

端末を窓際に移動させる

楽天回線は、建物内だと電波をつかみにくい傾向にあります。そのため、ビルや家のなかにいる場合は外へ出るか、スマホを窓際に移動させてみましょう。

地下やトンネルはつながらない場合が多い

地下やトンネルは、楽天回線に限らずスマホの電波全体が入りにくくなります。地下やトンネルにいる場合、まず地上や開けた場所へ移動してみましょう。

これらの手段をすべて利用しても楽天回線へつながらない場合は、残念ながらパートナー回線を利用するしかありません。

楽天モバイルでは月5GBまでau回線を利用できますので、どうしても楽天回線につながらない場合は切り替えてみましょう。

楽天モバイルが楽天回線につながっているか確認する方法

スマホ利用イメージ
楽天回線につながっているか確認する方法

楽天モバイルは、楽天回線エリア内にいても楽天回線に繋がっていない場合があります。

楽天回線に繋がっていない場合、月5GB以上消費すると翌月まで最大1Mbpsに速度制限がかかるので、楽天モバイルユーザーは以下の方法で接続状況を確認する癖を付けましょう。

<楽天回線につながっているか確認する方法>

1. 「my楽天モバイル」アプリを開き、メニューから「利用状況」をタップする
2. 電話番号の下に表示されているエリア名を確認する

楽天回線に接続できている場合は、次のように「楽天回線エリア」と表示されます。

確認方法1
確認方法(引用元[1]

パートナー回線につながっている場合は、「パートナー回線」と表示されます。

確認方法2
確認方法(引用元[1]

以前まで「My楽天モバイル」アプリはAndroidでしか使えませんでした。しかし現在はiOS版もリリースされているため、iPhoneユーザーも同アプリで確認できます。

楽天モバイルのエリア確認方法

エリア確認方法
エリア確認方法

楽天モバイルエリアは、以下の方法で確認できます。

<楽天モバイルのエリア確認方法>

1. 楽天モバイルの「通信・エリア」ページにアクセスする
2. サービスエリアの「キーワードを入力」に使用場所の住所を入れて検索する
3. 対象地域に色がついていることを確認する

手順3の段階で、下記画像のように入力住所へ濃いピンク色が付いていれば、楽天回線エリア内です。

エリア確認方法
エリア確認方法(引用元[2]

一方、入力先住所が下記画像のように紫、または薄ピンク色の場合は、以下の状態を示しています。

エリア確認方法2
エリア確認方法(引用元[2]

【紫色(楽天回線拡大予定エリア)】
現在、楽天回線エリアではないが、今後楽天回線エリアになる地域

【薄ピンク(パートナー回線エリア)】
au回線のみにつながるエリア

楽天モバイルのエリアは日々拡大傾向にありますので、ときどき確認しておくとよいでしょう。

楽天モバイルはエリア拡大中!

楽天モバイルのエリア
エリア拡大中(引用元[2]

楽天モバイル(4G回線)は、2021年12月時点の人口カバー率が94%を突破しています。2022年春には96%を突破する予定となっているため、来年中には日本のほぼ全域で楽天モバイル回線(4G回線)につながる予定です。

楽天モバイルのエリア拡大
エリア拡大(引用元[2]

楽天モバイルは4G回線対応の楽天回線以外にau回線も使えるため、そちらを合わせると、楽天モバイルは幅広いエリアで使えますよ!

ただし、5G対応の楽天回線エリアも順次拡大中ですが、こちらは未だ首都圏や県内中心部などに限られていますので、5Gエリアの普及はもう少し時間がかかりそうです。

楽天モバイルのメリット・注意点まとめ

注意点
楽天モバイルのメリット・注意点

楽天モバイルのメリットと注意点をまとめると、次のようになります。

<楽天モバイルのメリット>

  • 楽天エリア内ならネット・通話し放題
  • 端末をセット購入しても実質無料になる
  • 楽天ユーザーは普通のポイント還元率もアップする

<楽天モバイルの注意点>

  • 楽天エリアはまだ狭く、地下や屋内に弱い
  • iPhoneは使えるが販売していない
  • 通話料を無料にするには専用アプリを使う必要がある

楽天モバイルの契約を検討している人は、事前にメリットとデメリットを確認しておきましょう。

メリット①:楽天エリア内ならネット・通話し放題

楽天モバイルは、楽天回線エリア内ならネットも通話もし放題です。エリアも随時拡大中なので、現在楽天エリア回線に対応していない地域でも、まもなく楽天回線が使えるようになるでしょう。

ちなみに、楽天モバイルの速度は平均32.52Mbpsです。もっともデータ通信量の大きい4K動画でも20Mbpsあれば視聴できるため、楽天モバイルはじゅうぶん快適に利用できるスマホキャリアといえるでしょう。

楽天モバイルの速度に関しては、以下の記事でくわしく解説しています。実測値や速度制限の内容、速度が遅い場合の対処法などが気になる方は、以下記事もあわせて参考にしてみてください。

メリット②:端末をセット購入しても実質無料になる

楽天モバイルでスマホを一緒に購入すると、「Rakuten UN-LIMIT VI お申し込みキャンペーン」が適用され、最大25,000円相当の楽天ポイントが還元されます。端末によっては実質無料でスマホを購入することも可能ですよ!

また、楽天モバイルでは料金が3ヵ月無料になるキャンペーンも実施されていますので、実質無料になる端末を選べば、楽天モバイルを完全無料で使い始められます。

例として、端末代20,000円の「Rakuten Hand」をキャンペーン利用で購入した場合、3カ月間でいくらお得になるのかシミュレーションしてみましょう。

【Rakuten Handの利用料金比較】

通常料金 キャンペーン適用後の料金
契約事務手数料 0円 0円
端末代 20,000円 実質0円
※キャンペーンで付与される20,000円相当の楽天ポイントで相殺
月額料金 ~3,278円×3ヶ月 0円×3ヶ月
合計 29,834円 実質0円

※価格はすべて税込

楽天ポイントは適用条件を達成した翌々月末に付与されるため、キャンペーン適用中の方も初月は20,000円の端末代を支払うことになります。しかし、Rakuten Handの場合、後日端末代と同額の20,000ポイントが付与されるので、端末代は実質0円です。

キャンペーンを適用させない場合と比較すると、その差は約30,000円にもなるため、楽天モバイル契約時は必ずキャンペーンを適用させましょう!

ちなみに、機種によっては25,000円相当の楽天ポイントがもらえるものもあります。楽天モバイル契約時は端末も新調してみてはいかがでしょうか。

メリット③:楽天ユーザーは普段のポイント還元率もアップする

楽天にはSPUといって、さまざまな楽天サービスを利用すると、ポイント還元率がアップするシステムがあります。SPUは、楽天お買い物マラソンの時期になると50倍以上にもなるため、楽天ユーザーなら少しでも多くのサービスを利用して、ポイントをアップしたいところです。

楽天モバイルを契約していれば、常に通常還元率へ+1倍されます。楽天ポイントは楽天モバイルの支払いにもあてられるので、こちらもうれしいポイントです。

注意点①:楽天回線エリアは不十分で、地下や屋内に弱い

楽天モバイルは2021年12月現在、人口カバー率94%を突破しています。しかし楽天回線エリア内でもしばしばパートナー回線へつながってしまったり、地下や屋内に弱かったりと、エリアに関して3大キャリアより劣勢な点は要注意です。

注意点②:パートナー回線(au回線)の高速データ通信量は毎月5GBまで

楽天モバイル回線エリア外での使用の場合は、パートナー回線(au回線)での利用となります。

パートナー回線でも毎月5GBまで高速データ通信を利用できますが、楽天モバイルは2021年10月1日以降、39都道府県の一部地域でパートナー回線のローミングを順次終了しています。

そのため、楽天回線エリアの境界線などギリギリの場所にお住いの方は、電波の弱い楽天回線しか使えない場合もありますので、契約前は必ずエリア確認を行いましょう。

注意点③:通話料を無料にするには専用アプリを使う必要がある

楽天モバイルは「Rakuten Link」アプリ使用時のみ、通話料、SMS送受信料が無料になります。ただし、アプリを使わず電話をかけたり、SMSを送信したりすると、以下の費用がかかりますので注意をしましょう。

<Rakuten Link不使用時の料金>

  • 通話料:22円/30秒
  • SMS送信料:3.3円/70文字

「Rakuten Link」は、先ほどご紹介した「Rakuten UN-LIMIT VIお申し込みキャンペーン」を適用させるためにも必要なアプリです。ポイントをもらうためには、Rakuten Linkを使って10秒以上の通話を端末購入の翌月末までに行わなければなりません。

楽天モバイルをお得に利用するならRakuten Linkの存在は不可欠なので、契約後はすぐにダウンロードしておきましょう。

月額料金0円〜利用可能!

楽天モバイルがエリア外だったときのおすすめ乗り換え先

おすすめ乗り換え先
おすすめ乗り換え先

楽天モバイルがエリア外だった人には、広い地域で利用でき、通信品質もよい2つの格安SIMと、大手スマホキャリアの新格安プランをご紹介しましょう。

  • auから乗り換える人向け:UQモバイル
  • ソフトバンクから乗り換える人向け:ワイモバイル
  • ドコモの格安プラン:ahamo
  • auの格安プラン:povo
  • ソフトバンクの格安プラン:LINEMO

ワイモバイル

ワイモバイル
ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので、使用回線もキャリア時代と同じ、ソフトバンク回線が使用できます。格安SIMのなかでも実測値がトップクラスに位置しているので、快適に使用できます。

親子割やおうち割を適用することで、下記の月額料金からさらに毎月1,188円割引されるため、楽天モバイルとほぼ変わらない料金で利用できます。

使用回線 ソフトバンク
エリア 日本全国
料金プラン シンプルS シンプルM シンプルL
月間データ容量 3GB 15GB 25GB
契約事務手数料 3,300円
月額料金 2,178円 3,278円 4,158円

※価格はすべて税込

ワイモバイル eSIM
ワイモバイルはeSIMにも対応!

また、ワイモバイルは5Gにも「eSIM」にも対応しています。現在、楽天モバイルをeSIMとして利用していたという人も、面倒なSIMの差し替えも不要で簡単に乗り換えをすることが可能です。

今ならワイモバイルのeSIM単体契約で、最大7,000円相当のPayPayボーナス還元中です。

「利用予定地域で楽天モバイルが使えそうにない」「なるべく安く使いたいが通信品質も妥協できない」という方は、ぜひワイモバイルをチェックしてみて下さい!

1/11(火)まで【緊急値下げ】
スマホの年末年始セール中!

UQモバイル

UQモバイル
UQモバイル(引用元[4]

UQモバイルはauのサブブランドにあたり、ほとんどのauスマホがSIMロック解除不要でそのまま流用できます。また、「au ID」や「au WALLET」のポイントも引き継げるため、auを解約するためにあせってポイントを消費する必要もありません。

UQモバイルは、格安SIMのなかでも実測値が常にトップクラスに位置しているので、速度面も快適です。

使用回線 au
エリア 日本全国
料金プラン くりこしプランS+5G くりこしプランM+5G くりこしプランL+5G
月間データ容量 3GB 15GB 25GB
契約事務手数料 3,300円
月額料金 1,628円 2,728円 3,828円

※価格はすべて税込

UQ mobile キャンペーン

UQモバイルのお得な
キャンペーン情報!

オンラインショップ限定で、くりこしプラン+5GのSIMのみの申し込みなら
最大13,000円相当
au Pay残高還元中!

(※au・povoからの乗り換えを除く)

UQモバイル オンラインショップは
端末購入もお得!

対象機種をUQモバイル オンラインショップから購入すると、
対象機種が最大22,000円引き!

ahamo

ahamo
ahamo(引用元[5]

ahamoはドコモの格安プランで、1回5分のかけ放題×20GBを2,970円で契約できます。

格安プランはauやソフトバンクも提供していますが、この条件だとahamoが最安料金になりますので、5分かけ放題付の20GBプランを利用したい方は、ahamoを申し込みましょう!

使用回線 ドコモ
エリア 日本全国
月間データ容量 20GB
契約事務手数料 3,300円
月額料金 2,970円
※5分/回かけ放題付

※価格はすべて税込

povo

povo
povo(引用元[6]

povoは、auの格安プランです。

基本料金は0円で、データ、通話、コンテンツ、セキュリティの中から自分に必要なトッピングを追加契約していくシステムとなっています。そのため、自分にあった料金プランで無駄なくスマホを利用したい人におすすめです!

データトッピングは、有効期限内に使い切らないと、速度が最大128kbpsに制限されます。しかし、使い放題以外のデータトッピングは複数を同時契約できますので、期限切れを起こさないよう工夫しましょう。

使用回線 au
エリア 日本全国
月間データ容量と月額料金
 
※()は有効期限
1GB:390円(7日間)
3GB:990円(30日間)
20GB:2,700円(30日間)
60GB:6,490円(90日間)
150GB:12,980円(180日間)
使い放題:330円(24時間)
契約事務手数料 3,300円

※価格はすべて税込

基本料0円からトッピングが選べる!

LINEMO

LINEMO
LINEMO(引用元[7]

LINEMOは、ソフトバンクの格安プランです。

月3GBの「ミニプラン」と、月20GBの「スマホプラン」からお好きなほうを選択できますので、普段の使い方に合わせてプランを選択してみましょう。

ちなみに、LINEMOはLINEコンテンツ利用時のデータカウントが0になるため、LINEトークやLINE通話を毎月長時間利用する人は、LINEMOがおすすめですよ!

使用回線 ソフトバンク
エリア 日本全国
月間データ容量 3GB/20GB
契約事務手数料 3,300円
月額料金 3GB:990円
20GB:2,728円

※価格はすべて税込

まとめ

楽天モバイルでは、データ使い放題・通話し放題の「楽天回線」と、au回線を月5GBまで使える「パートナー回線」の2回線が使えます。

2021年12月時点の情報だと、これらを合わせた人口カバー率は94%ですが、2022年春には96%に達する見込みです。まもなく楽天モバイルのエリアも、全国区となるでしょう。

ただし、楽天モバイルは楽天回線エリア内でも、しばしばパートナー回線につながってしまうため、その場合は、以下の対処法で楽天回線への切り替えが必要です。

<楽天回線につながらないときの対処法>

  • 楽天回線へ手動で強制的に接続する
  • 機内モードにしてつなぎなおす
  • 再起動する
  • 端末を窓際に移動させる
  • 地下やトンネルから出る

これらを試しても楽天回線につながらない場合は、キャリアの格安プランや、「ワイモバイル」「UQモバイル」といった格安SIMへの乗り換えも検討してみましょう。楽天モバイルには最低利用期間がないので、いつでも違約金無料で乗り換えられます。

月額料金0円〜利用可能!

タイトルとURLをコピーしました