中古iPhoneのおすすめ端末まとめ|購入できる場所や選ぶ際のポイントも紹介

iPhone

iPhoneの購入を検討している方の中には、中古の端末を選んでiPhoneを安く手に入れたいと考えている方がいるかもしれません。

この記事では以下の方に向けて、中古iPhoneのおすすめの購入場所、おすすめの中古iPhone端末をご紹介します。

【中古iPhoneがおすすめの人の特徴】

  • iPhoneを安く入手したい人
  • 最新機種にこだわらない人

この記事を読めば、自分が中古iPhoneの購入に向いているか、どこでどのiPhoneを買うべきか判断できます。

新型iPhone 14 シリーズ登場!

新型iPhone 14 シリーズ

各キャリアでキャンペーン実施中!

  • 予約開始日:2022年9月9日(金)21時~
  • 発売開始日:2022年9月16日(金)~
    ※iPhone 14 Plusは2022年10月7日(金)

新型iPhone 14 シリーズの予約・購入は
オンラインショップをチェック!

旧シリーズは
サブキャリア・格安SIMがおすすめ!

この記事を書いた人
モバレコ 編集部

「スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に」をモットウに日々コンテンツ情報を届けている、スマホ・格安SIMの総合情報サイト「Mobareco-モバレコ」の運営者。マイナビニュースでも、毎日使うスマホについて快適に使えるようにユーザー目線に沿った情報発信を目指していきます。

モバレコ 編集部をフォローする

中古iPhoneがおすすめの人の特徴

中古iPhoneがおすすめの人の特徴

まずは、中古iPhoneの購入という選択が自分に向いているかどうかをチェックしましょう。

中古iPhoneがおすすめの人の特徴を2点解説します。

iPhoneを安く入手したい人

iPhoneを中古で購入するメリットは、新品よりも安い価格で端末が手に入ることに他なりません。

新品へのこだわりがない方であれば、あえて中古端末を選ぶことで機種代を大幅に抑えられます。

端末代を抑えて、その分オプションをつけたいという方にもおすすめです。

最新機種にこだわらない人

中古iPhoneの市場に最新機種が出回ることは非常に少ないので、ほとんどの場合、発売から日が経った機種を選ぶことになります。

現状の最新機種にしかない機能やテクノロジーを求める方には、中古iPhoneの購入はあまり向いていないかもしれません。

とはいえ、発売から3~4年程度のものならほとんどの方は機能面で不便に感じることはないでしょう。

中古iPhoneが購入できる場所

中古iPhoneが購入できる場所

中古iPhoneを購入できる場所・手段はいくつかあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

自分の生活スタイルや、中古端末に求める要素に合ったものを見つけましょう。

格安SIMのオンラインショップ

格安SIMを取り扱うショップでは、SIMカードの契約と合わせて購入できる中古端末を販売していることがあります。

このようなショップで販売されている中古端末は、販売にあたってプロが品質・動作チェックを行い、問題なく使用できることが保証されたものです。いわゆるハズレを引く心配がなく、オンラインでも安心して中古端末を購入できます。

前提である分、中古端末の相場より少し安く購入できることが多い場合があります。

中古端末だけを購入することは難しいため、SIMカードの契約先がすでに決まっている方には不向きといえます。

【OCN モバイル ONEの格安SIMセット】

OCNモバイルONE iPhone
goo Simseller公式サイト[1]

格安SIMのOCN モバイル ONEは、公式オンラインショップから端末をお得に購入することができます。

iPhoneはもちろん、いろいろな機種が開通済みのSIMカードとセットで購入でき、期間限定の端末セールも開催しているので、安心して中古iPhoneを購入したい方にはおすすめの購入場所となっています。

フリマアプリやオークションサイト

メルカリやヤフオク!などのフリマアプリ・オークションサイトでも、中古端末が頻繁に出品されています。

販売価格は出品者個人の裁量で決められるため、タイミングがよければ、相場よりも大幅に安い価格で端末を手に入れられることがあるのがメリットです。

デメリットは、お互い素人の個人取引であるためトラブルに発展しやすいこと。電子機器の場合、説明欄に出品物の状態や使用年数が記載されていることが多いですが、その情報が確実なものである保証はありません。

最悪の場合、説明とは異なる不良品が届くこともあるので、あまりおすすめできない場所だといえます。

中古のスマホショップ

中古スマホを取り扱うショップでは、格安SIMショップと同様にプロの目で品質・動作チェックを行った優良な中古端末を手に入れられます。

SIMカードはすでに契約済みの方や、契約したいところが決まっている方はこちらがおすすめです。

その時々によって在庫状況が変動するため、希望の機種・カラーが購入できないこともあるのがデメリット。さまざまな店舗をチェックして、希望の1台を探してみてください。

おすすめの中古iPhone端末を紹介

おすすめの中古iPhone端末を紹介

中古のiPhone端末の購入を考えている方向けに、おすすめの機種をご紹介します。

以下でご紹介していく機種すべてに共通する現行最新機種(iPhone 13シリーズ)との大きな違いは、”ストレージ容量の大きさ”と”チップの性能”です。

メッセージ・メールのやりとりやWebサイト・SNSの閲覧、動画視聴などの一般的な用途には十分対応できるものに絞っておすすめしているので、より大きいストレージ容量や高いチップ性能が必要かどうか考えながら機種を検討してみてくださいね。

iPhone XR

詳細を見る
発売日 2018年10月26日
ストレージ容量 ・64GB
・128GB
・256GB
カラー ・(PRODUCT)RED
・イエロー
・ホワイト
・コーラル
・ブラック
・ブルー
チップ A12 Bionicチップ
サイズ・重量 幅:75.7mm
高さ:150. mm
厚さ:8.3mm
重量:194g
ディスプレイサイズ 6.1インチ
防沫・耐水・防塵対応

iPhone XRは、2018年発売の機種。搭載されているのは現行最新機種の3世代前にあたるA12 Bionicチップなので、高負荷なゲームのプレイなどはせず、SNSの閲覧や動画の視聴をする程度である方におすすめです。

発売から日が経っている分、より安い価格で中古販売されていることが期待できます。

iPhone SE(第2世代)

詳細を見る
発売日 2020年5月11日
ストレージ容量 ・64GB
・128GB
・256GB
カラー ・ブラック
・ホワイト
・(PRODUCT)RED
チップ A13 Bionicチップ
サイズ・重量 幅:67.3mm
高さ:138.4mm
厚さ:7.3mm
重量:148g
ディスプレイサイズ 4.7インチ
防沫・耐水・防塵対応

iPhone SE(第2世代)は、本記事でご紹介する機種の中では最も新しい機種です。軽くコンパクトなサイズ感でありながらも、性能が犠牲になることなく十分な実用性を備えています。

こちらはA13 Bionicチップを搭載しているので、先述したiPhone XRよりワンランク上の快適な動作が期待できますよ。

iPhone 11シリーズ

詳細を見る
iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
発売日 2019年9月20日
ストレージ容量 ・64GB
・128GB
・256GB
・64GB
・256GB
・512GB
カラー ・ブラック
・グリーン
・イエロー
・パープル
・(PRODUCT)RED
・ホワイト
・ゴールド
・スペースグレイ
・シルバー
・ミッドナイトグリーン
チップ A13 Bionicチップ
サイズ・重量 幅:75.7mm
高さ:150.9mm
厚さ:8.3mm
重量:194g
幅:71.4mm
高さ:144.0mm
厚さ:8.1mm
重量:188g
幅:77.8mm
高さ:158.0mm
厚さ:8.1mm
重量:226g
ディスプレイサイズ 6.1インチ 5.8インチ 6.5インチ
防沫・耐水・防塵対応

iPhone 11シリーズでは、3種類のモデルの中から求めるスペックのレベルに合わせて端末を選べます。Pro・Pro Maxの2機種は、最大512GBの大容量ストレージが魅力的です。

サイズやカラーの展開も幅広いので、ユーザーそれぞれがお気に入りの1台に出会えます。

中古iPhone選びのポイント

中古iPhone選びのポイント

中古iPhoneを選ぶときに比較すべきポイントは、価格・スペック・状態の3点です。どんなところに注目し、比較すればよいのかを解説します。

価格

中古iPhoneの購入を検討している方にとって、端末の価格は非常に気になるポイントではないでしょうか。中古市場において価格相場が安い機種と、高い機種の特徴を押さえましょう。

相場が安い機種 ・発売日が古い
・ストレージ容量が小さい
・状態が悪い
相場が高い機種 ・発売日が新しい
・ストレージ容量が大きい
・状態がよい

すべての条件が理想的な端末は高額なので、ある程度妥協できるポイントを見つけることが、満足できる端末をより安く手に入れるコツになります。

スペック

自分がiPhoneに最低限求める機能・スペックは何かを考え、リストアップしてみましょう。ディスプレイの大きさ、指紋・虹彩認証の対応有無、ストレージ容量などの譲れないポイントを決めて、それを満たす端末を探すとスムーズですよ。

状態

中古のiPhoneであれ、端末自体の状態も中古品を購入する際にはよく確認しておくことが大切です。

状態について購入の際に確認しておきたいポイントは次の3点になります。

【中古のスマホ端末を購入する際の注意ポイント】

・SIMフリー端末であるか(SIMロックがかかっていないか)
SIMロックがかかった端末では、特定の企業のSIMカードでしか通信が利用できません。
ロックの解除は購入後に自分でもできますが、可能ならば始めからSIMフリーの端末を購入したほうがスムーズです。
・赤ロムではないか(白ロムであるか)
「赤ロム」とは、端末代の未払いや盗品であることが理由で利用を止められたスマホのこと。
通常の利用ができないため、部品取りなどが目的でない限りは必ず白ロム(利用を止められておらず、前利用者の情報が消去されている端末)を購入してください。
・端末の残債がないか
中古端末には、前利用者が分割払いにした端末代を払い終わっていないものがまれにあります。
購入した当初は問題なく使えたとしても、その後に前利用者が支払いを滞らせてしまった場合、ある日突然赤ロム化し使えなくなるかもしれません。
特にフリマアプリやオークションサイトで中古端末を購入する際は、赤ロムには十分気をつけてくださいね。

まとめ

中古iPhoneの購入を検討している方に向けた情報をまとめて解説しました。

中古iPhoneの購入場所、おすすめのiPhone端末、購入前に確認しておきたいポイントは以下の通りです。

【中古iPhoneが購入できる場所】

  • 格安SIMのオンラインショップ
  • フリマアプリやオークションサイト
  • 中古のスマホショップ

【おすすめの中古iPhone端末】

  • iPhone XR
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11シリーズ

【中古のスマホ端末を購入する際の注意ポイント】

  • 価格
  • スペック
  • 状態(SIMフリー端末であるか(SIMロックがかかっていないか))
      (赤ロムではないか(白ロムであるか))
      (端末の残債がないか)

新品であることや最新機種であることにこだわらない方なら、中古iPhoneを選ぶことで端末代を大幅に抑えて機種変更ができます。

中古iPhoneを購入するなら、「格安SIMとの同時契約・購入」あるいは「中古スマホショップでの購入」がおすすめです。

自分がスマホに求める最低限の機能・スペックを踏まえ妥協できる部分の質は抑えることが、納得できる品質の端末を安く手に入れるコツです。

ぜひ本記事を参考に、中古iPhoneをよりお得に購入してくださいね。

この記事の参考・引用サイト

[1]
iPhone スマホセット一覧 | goo Simseller
タイトルとURLをコピーしました