ITSearch勤怠・就業管理ツールを比較するなら

製品掲載数“日本一”に挑戦中マイナビニュースが厳選する
注目の「勤怠・就業管理ツール」19選!!


マイナビニュース全面監修

勤怠管理は、従業員のモチベーションや生産性に直結する一方、適切に運用できないとブラック労働などのリスクに繋がります。ワーク・ライフ・バランスの改善や生産性向上が社会的要請となり、重要性を増す勤怠管理システムの導入では、あなたの会社に必要な機能を明確化した上で、製品を選定することが重要です。勤怠管理システムの導入でチェックすべき、7つのポイントをまとめてみました。

図

7つのチェックポイント 必要な機能
check 法廷時間を超える勤務の可能性があり、自社の36協定にシステムを適用させなければならない 36協定対応
check 従業員によっては1日に複数の出退勤務があったり、作業所ごとの勤務管理が必要になることがある 同日複数勤務
check 就業規則などで、管理者の承認がなければ時間外勤務や休日出勤を認めていない 申請承認
check 人的リソースを時間単位で采配するためのシフト設計や、その管理作業が存在する シフト作成
check PC、モバイル、ICカード、タイムカードなど、従業員ごとに様々な打刻手段を使い分けたい 複数打刻対応
check 勤怠管理システムの情報を給与計算システムと連携させたい 給与計算連携
check 実際に従業員が使いこなせるか、検証してから導入したい トライアルあり

近年ますます推進される「働き方改革」への対応として、勤怠管理システムを新たに導入、リプレースする企業が増えてきています。各社の勤怠管理・就業管理製品について、7つのチェックポイントの機能でグルーピングしつつ、働き方改革でのポイントも交えて紹介します。

TOP