【連載】

RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン

RPAの課題と今後

【第7回】RPAの課題と今後

さまざまな形態のRPAについて解説してきた本連載も最終回。今回は、新技術や労働現場の動向も踏まえながら、今後の展開について考えていきたいと思います。

開発ソフトウェア
ブックマーク ブックマーク

目次

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン[6]チャットボットとRPA - LINE BOTを使ってみる

RPA導入によりデジタルレイバーと一緒に業務を進めることになると、どのようにコミュニケーションをとるかが問題になります。現段階での有力な選択肢の一つがチャットボットです。それを踏まえて、今回はLINEを使ったチャットボットを作ってみましょう。

開発ソフトウェア

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン[5]深層学習とRPA - TensorFlowを使ってみる

前回までに紹介したRPAは、決められた手順に従って同じ処理を繰り返し実行するルールベースのAIを活用していましたが、今後は与えられた情報を元に判断/学習し動作する機械学習や深層学習を元にした、いわばRPA2.0が増えてくると期待されています。

開発ソフトウェア

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン[4]RPAツールの適用の勘所

今回はRPAを構成する2つの要素を交え、RPAの導入イメージを掴んでいただきます。またツール面だけでなく、管理面を含めて組織としてどう取り組んでいくべきかについて紹介します。

開発ソフトウェア

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン[3]RPAツールの選び方

、RPAツールを実際に使ってみたいと思われる方は多いかと思いますが、どうやって選べばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は、第一回にて紹介したRPAツールの特徴を中心に紹介します。

開発ソフトウェア

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン[2]WinActorでブラウザ操作を自動化する

今回はSeleniumとRPAの位置づけの違いをまずつかんでいただき、どういったシーンで使われ、どういったプログラミングが必要となってくるかをご理解いただきます。その後、WinActorのインストールから基本的なキャプチャ&リプレイのやり方を紹介します。

開発ソフトウェア

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン[1]RPAとは

AIには、ルールベース、機械学習、深層学習(ディープラーニング)の3つのレベルがあり、レベルが上がるに連れてより高度な人工知能を実現しますが、AIのスピンオフという位置付けで、Digital Labor(仮想知的労働者)によるホワイトカラー業務の自動化を実現するRPAが注目されています。

開発ソフトウェア

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る