LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門
【連載】

LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門

コマンドの調べ方

【第29回】コマンドの調べ方

連載最終回となる今回は今後Windowsコマンドについて調べていく上で役に立つ情報をまとめていく。

サーバ/ストレージ
ブックマーク ブックマーク

目次

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[28]制御構文風コマンド for

前回はコマンドプロンプトやバッチファイルで利用できる制御構文風のコマンドとしてifを取り上げた。今回は同じく制御構文風の機能として利用できるforを紹介する。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[27]制御構文風コマンド if

今回はifコマンドを取り上げる。シェルほどではないが、簡単な分岐処理や繰り返し処理を実行できるようになる。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[26]ログオフする logoff

Windowsには、サインアウト(ログオフ)に関しても、CUIで実行できるよう「logoff」というコマンドが用意されている。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[25]IPアドレスを表示する ipconfig

Windowsでネットワークアダプタに設定されているIPアドレスの情報などを表示するコマンドにipconfigがある。これはLinuxにおけるifconfigコマンドに似たものだが、WindowsのipconfigコマンドはTCP/IPネットワーク設定の値を表示する機能以外にも、DHCPやDNSの設定を更新したり設定する用途でも使われている。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[24]任意アクセス制御リストを表示/設定する icacls

LinuxとWindowsとではファイルやディレクトリといったリソースに対する保護モデルが異なるが、Windowsにもファイルやディレクトリアクセスを制御する機能がいくつか備わっている。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[23]ホスト名を表示する hostname

WindowsコマンドにもLinuxコマンドのようにホスト名を表示するためのhostnameというコマンドが用意されている。Linuxのhostnameコマンドのようにいくつものオプションが用意されているわけではないが、役立つシーンもあるので取り上げておこう。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[22]使い方を表示する help

Windowsにはmanコマンドは用意されていない。しかし、一応似たようなことができるコマンドは用意されている。helpコマンドだ。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[21]ディスクをフォーマットする format

現在ではあまり必要性がないかもしれないが、Windowsにはディスクをフォーマットするためにformatというコマンドが用意されている。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[20]文字列で一致検索する findstr

前回、findコマンドを紹介したが、Windowsにはfindコマンドをさらに拡張したものとしてfindstrコマンドが用意されている。findコマンドで指定できるのは文字列のみだったが、findstrコマンドでは正規表現やパラメータを通じてもっと複雑な一致指定を行うことができる。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[19]文字列で一致検索する find

Linuxでよく利用するfindコマンド。実は、Windowsにも同名コマンドが用意されている。ただし、その動作はかなり異なる。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[18]終了する exit

コマンドプロンプトを使ったりバッチファイルを作成する際に欠かすことのできないコマンドのひとつにexitコマンドがある。この機能を利用することで応用範囲の広いバッチファイルを作成可能になる。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[17]メッセージを出力する echo

コマンドプロンプトやバッチファイルで利用する基本的なコマンドのひとつにechoがある。echoは特にバッチファイルを作成する場合にはよく使うことになる基本的なコマンドだ。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[16]ドライブを管理する diskpart

Windowsにおいても、LinuxやUNIX系のオペレーティングシステムと同じようにコマンドベースでディスクを追加したり、ボリュームを管理・閲覧したりできる。今回は、diskpartを取り上げる。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[15]ファイル/ディレクトリを一覧表示する dir

Windowsコマンドの中でもっともよく利用するコマンドのひとつにdirコマンドがあるが、使用できるオプションについては知らない方も多いのではないだろうか。知っておくと幅が広がるので紹介しておこう。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[14]ファイルを削除する del

Windowsのdelコマンドとeraseコマンドはまったく同じ動きをする。Linuxでいえばrmコマンドに相当するコマンドなのだが、ディレクトリの扱いが大きく異なる。rmコマンドではディレクトリの削除も行うことができるが、delコマンドではディレクトリは削除することができない。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[13]デフラグをする - defrag

Windowsが採用しているファイルシステム(NTFS、FAT、FAT32、ReFS)はデフラグと呼ばれる最適化を行うことでパフォーマンスが改善することが知られている。最近は、デフラグを自分で実施する必要はほとんどないが、ファイルシステムのパフォーマンス低下が気になってきたのであれば、試してよいだろう。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[12]日付を表示/設定する date

Windowsコマンドではdateコマンドが日付の表示と設定に対応している。この動作はLinuxのdateコマンドと似ているが、Windowsのdateコマンドは実にシンプルである。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[11]ファイルをコピーする copy

Windowsコマンドではcopyコマンドを使ってファイルをコピーすることができる。ただし、WindowsのcopyコマンドはLinuxのcpコマンドとは結構動きが異なる。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[10]コマンドプロンプトウィンドウの色を変更する color

Windowsコマンドにはコマンドプロンプトウィンドウの前景色と背景色を変更するためにcolorというコマンドが用意されている。このコマンドは引数に前景色または前景色と背景色の指定を取るコマンドで、指定された色にコマンドプロンプトウィンドウの色を変更する。色の指定は0〜9A〜Fの中から1文字を行うようになっている。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[9]クリップボードにコピーする clip

今回は非常に便利なclipコマンドをを紹介する。clipはコマンドの出力をWindowsクリップボードにコピーすることができる。つまり、コマンドの出力を、そのままほかのアプリケーションで貼り付けることができるようになる。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[8]Y/Nを出力する choice

シェルスクリプトやバッチファイルを実行していると、ユーザに対して「なんとかなんとか Y/N?」といった表示とともに入力が求められることがある。Windowsにはこれを専門に行うコマンドとしてchoiceというコマンドが用意されている。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[7]ファイルシステムのチェックをスケジュールする chkntfs

前回はファイルシステムを修復するコマンドであるchkdskコマンドを取り上げた。今回はこれと似ているがやることが異なるchkntfsコマンドを紹介する。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[6]ファイルシステムを修復するchkdsk

ファイルシステムをチェックするコマンドにchkdskがある。このコマンドはNTFS、FAT、FAT32のファイルシステムをチェックするコマンドで、ファイルシステムのチェック、ボリュームのロジカルエラーおよびフィジカルエラーに関するファイルシステムメタデータなどのチェックを実施する。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[5]コンソールコードページを変更する chcp

Windowsコマンドにはコンソールコードページを変更するchcpというコマンドが存在している。通常このコマンドを実行することはないが、コンソールを使いこなそうと思うとそのうち必要になるシーンも出てくるので、覚えておいて損はない。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[4]ファイルやフォルダの属性を変更する attrib

Windowsのファイルやフォルダには属性と呼ばれる値が設定されている。Windowsではこの属性をattribというコマンドで変更できるようになっている。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[3]拡張子とアプリケーションを関連付ける assoc、ftype

Windowsではファイルの拡張子がファイルの種類を示しており、ファイルエクスプローラから対象ファイルをダブルクリックすると、拡張子に関連付けられたアプリケーションが起動する仕組みになっている。assocとftypeという2つのコマンドを使って、拡張子と起動するアプリケーションの関連付けを編集したり閲覧したりすることができる。assocコマンドとftypeコマンドの主な使い方は次のとおり。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[2]管理者権限のコマンドプロンプト

Windowsのコマンドには実行するにあたって管理者権限が必要なものがある。これを実行するには、コマンドプロンプトを特殊な方法で起動しなければならない。

サーバ/ストレージ

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門[1]コマンドプロンプト

本連載では、これまでWindowsコマンドを使ってこなかったユーザを対象に、Windowsにはどういったコマンドが用意されているのか、どのようにコマンドを使えばよいのかを紹介していこうと思う。コマンドを知り、操作方法を知り、最終的にはスクリプトを組んで作業の自動化を行えるようにすることを目指す。

サーバ/ストレージ

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る