マイナビニュースマイナビ
【連載】

IoTでできることを見つけるための発想トレーニング

コーヒーカップの置き忘れを検知したい

【第2回】コーヒーカップの置き忘れを検知したい

前回は総務の仕事の中から課題を見つけ出し、それを解決する方法として「IoTボタン」を使ったリモート呼び出しの仕組みについて解説しました。IoTボタンは、「ボタンを押す」ことで情報をデジタル化してクラウドで管理できるようにしてくれますが、そのプロセスにはボタンを押す人間が必要です。ここで「センサー」を利用すると、人間がいなくともさまざまな現象をデジタル化できるようになります。今回は、IoTの活用の幅を広げるセンサーについて考えていきましょう。

開発ソフトウェア
ブックマーク ブックマーク

目次

【連載】IoTでできることを見つけるための発想トレーニング[1]身近な業務に隠れたIoT活用のヒント

本連載では、数万円で実現できるIoT活用のアイデアと、その実現のために必要な技術をわかりやすくご紹介していきます。さまざまなIoT活用のアイデアをご覧いただくことで、"IoTの使いどころ"を考える思考回路を育て、実際の業務において「この仕組みにはIoTが使えるはず!」と気づけるようになることをゴールとしています。

開発ソフトウェア

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る