ユーザー事例から学ぶ! Hyper-V HCI (S2D) セミナー<br />
Windows Server 2016 Datacenterで作るHCIはどこまで使える?<br />


現在、 サーバとストレージを統合し、IT基盤をシンプルにしたハイパーコンバージドインフラ(HCI)が大きな注目を集め、様々な企業からHCIソリューションが市場に投入されています。

この一方で、導入を検討するユーザー企業にとっては、どのHCIを選べばいいのか、その選択を迷っている担当者も多いのではないでしょうか?

本セミナーではマイクロソフト社のWindows Server 2016 Datacenterの標準機能『記憶域スペースダイレクト(S2D)』に着目し、同製品を活用したDell EMCの『Dell EMC S2D Ready Nodes』の特長を、実際に導入したユーザー事例にそってご紹介します。

HCIの導入を検討されている方には、本セミナーにご参加頂ければ、HCIの中でHyper-V環境に適した「記憶域スペースダイレクト(S2D)」の活用方法について、具体的なイメージをつかんでいただけるでしょう。本セミナーへのご参加をお待ちしております。

※システムインテグレーター様、ディストリビューター様、個人事業主のお客様、学生、もしくは競合企業の方は参加をご遠慮いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

受付終了

当日プログラム

  • 14:00~14:30

    受付

  • 14:30~15:15

    【基調講演】爆縮する企業クラウド基盤
    ー ハイパーコンバージドシステムとは? ー

    江崎 浩氏
    登壇者

    江崎 浩氏

    東京大学 大学院 情報理工学系研究科 教授

    2005年4月より現職(東京大学 情報理工学系研究科 教授)日本データセンター協会 理事/運営委員会委員長。
    工学博士(東京大学)。 平成20年(2008年)4月 船井情報科学振興財団 振興賞、平成23年(2011年)4月 文部科学大臣表彰 科学技術賞等表彰歴多数。

    講演サマリー

    企業ITシステムは、急激に新しい課題と新しい事業形態に迅速かつコストエフェクティブに対応することが求められるようになりました。

    加えて、事業の急激な拡大と収縮にも対応可能なシステム構成をしなければならなくなりつつあります。

    さらに、データ量と人工知能に代表される計算量が企業構想力の源泉として認識されるようになってきました。

    このような 課題に対応するため、企業のIT基盤は、急激にクラウド化し、さらに、システムの爆縮現象に対応可能なものにしなければなりません。

  • 15:15~15:30

    Dell EMCのHCIソリューションのご紹介

    小野 誠
    登壇者

    小野 誠

    Dell EMC インフラストラクチャ・ソリューションズ事業統括 ソリューション本部 ビジネス開発マネージャ

    講演サマリー

    Dell EMCのHCIソリューションの概要とメリットをご紹介します。

  • 15:30~15:40

    休憩(コーヒーブレイク)

  • 15:40~16:10

    なぜHCIにWindows Server 2016 Datacenterを使うのか?

    高添 修氏
    登壇者

    高添 修氏

    日本マイクロソフト株式会社
    パートナー テクノロジー ストラテジスト

    講演サマリー

    Windows Server 2016 DatacenterはSDSやSDNの他にもセキュリティやクラウドとの親和性など大幅な機能拡張が行われています。なぜWindows Server 2016 Datacenterなのか?そして、今後の進化の行方について解説致します。

  • 16:10~16:40

    mPLATで実現する運用のデジタル化
    -S2Dを含むマルチクラウド運用の在り姿とは-

    鳥谷部 昭寛氏
    登壇者

    鳥谷部 昭寛氏

    株式会社野村総合研究所
    クラウドサービス本部クラウド運用ソリューション事業部 主任テクニカルエンジニア

    2005年に野村総合研究所に入社後、ITアーキテクチャーに関わる基盤設計・構築・運用、及びITコンサルティングに従事。現在は主にマルチクラウド運用の動向・アーキテクチャー調査と、自社運用サービスの事業開発を担当

    講演サマリー

    デジタルトランスフォーメーションの加速に伴い、企業では新しい仮想化インフラであるHCIやパブリッククラウドを適材適所で複数組み合わせたマルチクラウド型のIT活用が増加し、従来の統合運用にもデジタル化が求められています。
    本セッションでは、Microsoft社のWindows2016 DCをベースとしたHCIであるS2Dの運用について、NRIのマルチクラウド統合運用製品であるmPLATのユーザ事例と共にご紹介します。

  • 16:40~16:50

    休憩(コーヒーブレイク)

  • 16:50~17:20

    【ユーザー事例講演】(仮)EWELのS2Dの使い方

    登壇者

    並木 孝弘氏・髙崎 真史氏

    株式会社イーウェル
    システムソリューション本部 システムインフラ部 インフラグループ

    講演サマリー

    福利厚生のアウトソーサーであるイーウェルの担当者をお招きし、S2Dをどのように運用し業務に役立てているか、実際の運用現場で得た知見をご紹介予定です。

  • 17:20~17:40

    S2D Ready Nodesご紹介

    津村 賢哉
    登壇者

    津村 賢哉

    Dell EMC インフラストラクチャ・ソリューションズ事務統括 ソリューション本部

    講演サマリー

    S2D Ready Nodesの概要(機能、費用感等)をご紹介予定です。

開催概要

タイトル ユーザー事例から学ぶ! Hyper-V HCI (S2D) セミナー
Windows Server 2016 Datacenterで作るHCIはどこまで使える?
開催日 2018年4月24日(火)14:30~17:40(受付14:00)
定員 100人
申し込み 1.会員ログインのうえ、申し込みボタンをクリックしてください。
2.事前登録完了のお知らせをメールでお送りします。
3.当日は受付でお名刺を頂戴いたしますので、ご用意ください。

※システムインテグレーター様、ディストリビューター様、個人事業主のお客様、学生、もしくは競合企業の方は参加をご遠慮いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。
※お申し込みが定員に達した場合は、抽選により参加をご遠慮ただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
申し込み締切日 2018年4月23日(月)15:00
参加費 無料
開催会場

map

〒160-0022 東京都新宿区新宿4丁目1番6号
JR新宿ミライナタワー 12F マイナビルームB



・JR各線「新宿駅」ミライナタワー改札 直結
・JR「新宿駅」南口から 徒歩3分
・東京メトロ丸ノ内線、副都心線、都営地下鉄各線
「新宿三丁目駅」E10出口より徒歩1分

マイナビルームへの行き方はこちら

map

主催 株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局
共催 Dell EMC
協賛 日本マイクロソフト株式会社
お問い合わせ 株式会社マイナビ ニュースメディア事業部 マイナビニュースセミナー運営事務局
03-6267-4336

受付終了

現在募集している主なセミナー

現在募集している主なセミナー

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
クラウドアンケート

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る