USERDIVE for Apps

[2016/4/15 14:17] ブックマーク

USERDIVE for Apps USERDIVE for Apps

USERDIVE for Appsは、アプリ内でのユーザー行動を完全に可視化する分析ツールです。「動画分析」、「タップヒートマップ」、「スクロールヒートマップ」、「ルッキングヒートマップ」、「ページ内アクションレポート」、「導線分析」「ロケーションヒートマップ」「フィルタ機能」の8つの機能を使い、アプリでの課題を解決します。

Webサイト構築 >アクセス解析

  • 製品詳細
  • 評価レポート(0件)
  • ベンダー問い合わせ

スペック

  • 提供元企業
  • 株式会社 UNCOVER TRUTH
  • 特徴
  • 「USERDIVE for Apps」の提供だけでなく、弊社のプロジェクトマネージャーとアナリストがチームとなって、クライアント様のWebチームに入り、一緒に改善活動を行なうサービスを提供しています。
  • 提供プラン
  • セッション数・アプリ数に応じてご提案いたします。
  • 提供形態
  • SaaS
  • クリックカウント
  • CV追跡
  • スクロール監視
  • マウスポインター追跡
  • 来訪企業解析
  • ×
  • 来訪者地域解析
  • ヒートマップ表示
  • 連携DMP
  • -
  • API提供
  • その他の主な標準機能
  • ■動画分析
    アプリ内の実際のユーザー行動をありのままに可視化します。ユーザー一人ひとりが実際にどんな動きをしているかを定量的に判断することが可能です。

    ■タップヒートマップ
    ユーザーが実際にタップしているポイントを明らかにするヒートマップです。デザイン課題の特定や廃止すべきコンテンツの発券に役立ちます。

    ■スクロールヒートマップ
    ユーザーが閲覧している画面上のスクロール到達率を可視化し、しっかりとユーザー行動を分析することによって、効果的なページ作成を行なうことができます。

    ■ルッキングヒートマップ
    ユーザーがアプリ内でアクションしている時間を計測し可視化します。画面内の下部にあっても注目されているコンテンツを明確に判断することが可能です。

    ■ページ内アクションレポート
    画面ごとの表示回数やセッション数、タップやスクロールなどの全てのアクションのサマリーを閲覧することができます。

    ■導線分析
    CVのゴールページを設定することで、ユーザーの導線を可視化し、アプリ内のボトルネックや、ゴールデンルートを瞬時に洗い出をすることができます。

    ■ロケーションヒートマップ
    アプリが利用された場所をヒートマップで表示。アプリの利用地域を特定することで、交通広告等のO2Oマーケティングに活用することができます。


    ■フィルター機能
    効果的なアプリ内分析を行えるように14個のフィルター機能を搭載しています。全体の流れや傾向をつかむのではなく、より洗練された分析を実現します。
  • 主なオプション機能
  • -
  • 課金単位
  • セッション数・アプリ数に応じてご提案いたします。
  • 想定提供価格
  • セッション数・アプリ数に応じてご提案いたします。
  • 支払い方法
  • 銀行振込
  • 試用ライセンス
  • 要問い合わせ
  • 最新版リリース日
  • -
  • 提供元企業
  • 株式会社 UNCOVER TRUTH
  • 特徴
  • 「USERDIVE for Apps」の提供だけでなく、弊社のプロジェクトマネージャーとアナリストがチームとなって、クライアント様のWebチームに入り、一緒に改善活動を行なうサービスを提供しています。
  • 提供プラン
  • セッション数・アプリ数に応じてご提案いたします。
  • 提供形態
  • SaaS
  • クリックカウント
  • CV追跡
  • スクロール監視
  • マウスポインター追跡
  • 来訪企業解析
  • ×
  • 来訪者地域解析
  • ヒートマップ表示
  • 連携DMP
  • -
  • API提供
  • その他の主な標準機能
  • ■動画分析
    アプリ内の実際のユーザー行動をありのままに可視化します。ユーザー一人ひとりが実際にどんな動きをしているかを定量的に判断することが可能です。

    ■タップヒートマップ
    ユーザーが実際にタップしているポイントを明らかにするヒートマップです。デザイン課題の特定や廃止すべきコンテンツの発券に役立ちます。

    ■スクロールヒートマップ
    ユーザーが閲覧している画面上のスクロール到達率を可視化し、しっかりとユーザー行動を分析することによって、効果的なページ作成を行なうことができます。

    ■ルッキングヒートマップ
    ユーザーがアプリ内でアクションしている時間を計測し可視化します。画面内の下部にあっても注目されているコンテンツを明確に判断することが可能です。

    ■ページ内アクションレポート
    画面ごとの表示回数やセッション数、タップやスクロールなどの全てのアクションのサマリーを閲覧することができます。

    ■導線分析
    CVのゴールページを設定することで、ユーザーの導線を可視化し、アプリ内のボトルネックや、ゴールデンルートを瞬時に洗い出をすることができます。

    ■ロケーションヒートマップ
    アプリが利用された場所をヒートマップで表示。アプリの利用地域を特定することで、交通広告等のO2Oマーケティングに活用することができます。


    ■フィルター機能
    効果的なアプリ内分析を行えるように14個のフィルター機能を搭載しています。全体の流れや傾向をつかむのではなく、より洗練された分析を実現します。
  • 主なオプション機能
  • -
  • 課金単位
  • セッション数・アプリ数に応じてご提案いたします。
  • 想定提供価格
  • セッション数・アプリ数に応じてご提案いたします。
  • 支払い方法
  • 銀行振込
  • 試用ライセンス
  • 要問い合わせ
  • 最新版リリース日
  • -

関連製品

USERDIVE

USERDIVE

USERDIVEは、数値だけのログ解析ツールでは掴めないユーザー行動を的確に把握する分析ツールです。「動画分析」、「マウスヒートマップ」、「クリックヒートマップ」、「スクロールヒートマップ」、「ルッキングヒートマップ」、「フォーム分析」、「フィルター機能」、「ダッシュボード」の8つの機能を使い、Webサイトでの課題を解決します。

Webサイト構築

>アクセス解析

関連製品

  • USERDIVE

    USERDIVE

    Webサイト構築 > アクセス解析

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る