AQStage仮想デスクトップサービス

[2016/4/15 14:17] ブックマーク

AQStage仮想デスクトップサービス AQStage仮想デスクトップサービス

大規模導入運用実績で得たノウハウを活用したクラウド型仮想デスクトップサービス。VMware Horizonを採用し、お客さまのニーズに合わせた最適な構成を選択することができます。また、導入前の様々な方式検討から導入後の運用までフルアウトソースが可能!手軽に情報漏えい対策/ワークスタイル変革を実現できます。

仮想化 >デスクトップ仮想化(VDI)

  • 製品詳細
  • 評価レポート(0件)
  • ベンダー問い合わせ

スペック

  • 提供元企業
  • NTTネオメイト
  • 特徴
  • 累計運用実績5万台!クラウド型の仮想デスクトップ(VDI)サービス
  • 提供プラン
  • ①スタンダードプラン
    ・企業向けに基本的な機能を備えた提供モデル。2種類のメニューからスペックを選択できます。
    ・PoCサービス(有償)を利用すれば、本番導入をスムーズに実施できます。(最大ID数50IDまで)
    ②プレミアムプラン
    ・お客さま要件により、柔軟なサービス提供が可能な受注生産モデル。
  • 主な標準機能
  • 【共通仕様】
    デスクトップ提供方式:リンククローン/フルクローン(有償)
    ユーザプロファイル方式:移動ユーザープロファイル/Persistent Disk
    ユーザー割り当て方式:流動割り当て/固定割り当て
    デスクトップOS:Windows7/8/8.1/2008R2/2012R2
    ディスク性能予約:20IOPS

    【標準デスクトップ】
    CPU:1vCPU
    メモリ:2GB
    ディスク容量(OS領域):40GB
    ディスク容量(ユーザーデータ領域):10GB

    【高性能デスクトップ】
    CPU:2vCPU
    メモリ:4GB
    ディスク容量(OS領域):40GB
    ディスク容量(ユーザーデータ領域):10GB
  • 主な運用管理機能
  • お客様専用の管理サーバをご用意し、以下の運用管理機能を提供します。
    ・マスターOS更新
    ・仮想デスクトップ更新(Refresh)/再構成(Recompose)
    ・ユーザー紐付け追加/変更/削除
    ・ThinAppパッケージ作成
    ・ThinAppパッケージ紐付け
    ・AppStack作成(※有償)
    ・AppStack紐付け(※有償)
    ・仮想デスクトップ性能状況確認

    また、以下の運用管理機能はNTTネオメイトにて代行することも可能です。
    ・マスターOS更新
    ・仮想デスクトップ更新(Refresh)/再構成(Recompose)
    ・ユーザー紐付け追加/変更/削除
    ・ThinAppパッケージ紐付け
    ・AppStack紐付け(※有償)
  • 性能面の特記事項
  • スタンダードプランでは、各仮想デスクトップに標準で20IOPSのディスク性能予約を設定しています。特定の仮想デスクトップが突発的に高負荷を与えた場合でも、一定の性能を確保し続けることができます。(※OS領域のみが対象)
  • 動作環境
  • 接続元環境:VMware Horizon Clients 3.1以降が動作すること
  • 課金単位
  • 仮想デスクトップ1台あたりの月額利用料金
  • 想定提供価格
  • 【標準デスクトップ】
    \4,900/ユーザー ※3
    (100ユーザー、1年契約)
    【高性能デスクトップ】
    \6,400/ユーザー ※3
    (100ユーザー、1年契約)
    ※3.Windowsライセンスは含んでおりませんので、別途必要となります。
  • 試用サービス
  • 4ヶ月間仮想デスクトップで使用される業務アプリケーションの動作やスムーズな移行方法の策定など、本格展開前に検証環境にてしっかりと確認いただけるPoCサービスをご提供します。また、PoCサービスを通して、弊社エンジニアが導入時の適切な方式検討をご支援します。
  • 最新版リリース日
  • 2015年10月
  • 提供元企業
  • NTTネオメイト
  • 特徴
  • 累計運用実績5万台!クラウド型の仮想デスクトップ(VDI)サービス
  • 提供プラン
  • ①スタンダードプラン
    ・企業向けに基本的な機能を備えた提供モデル。2種類のメニューからスペックを選択できます。
    ・PoCサービス(有償)を利用すれば、本番導入をスムーズに実施できます。(最大ID数50IDまで)
    ②プレミアムプラン
    ・お客さま要件により、柔軟なサービス提供が可能な受注生産モデル。
  • 主な標準機能
  • 【共通仕様】
    デスクトップ提供方式:リンククローン/フルクローン(有償)
    ユーザプロファイル方式:移動ユーザープロファイル/Persistent Disk
    ユーザー割り当て方式:流動割り当て/固定割り当て
    デスクトップOS:Windows7/8/8.1/2008R2/2012R2
    ディスク性能予約:20IOPS

    【標準デスクトップ】
    CPU:1vCPU
    メモリ:2GB
    ディスク容量(OS領域):40GB
    ディスク容量(ユーザーデータ領域):10GB

    【高性能デスクトップ】
    CPU:2vCPU
    メモリ:4GB
    ディスク容量(OS領域):40GB
    ディスク容量(ユーザーデータ領域):10GB
  • 主な運用管理機能
  • お客様専用の管理サーバをご用意し、以下の運用管理機能を提供します。
    ・マスターOS更新
    ・仮想デスクトップ更新(Refresh)/再構成(Recompose)
    ・ユーザー紐付け追加/変更/削除
    ・ThinAppパッケージ作成
    ・ThinAppパッケージ紐付け
    ・AppStack作成(※有償)
    ・AppStack紐付け(※有償)
    ・仮想デスクトップ性能状況確認

    また、以下の運用管理機能はNTTネオメイトにて代行することも可能です。
    ・マスターOS更新
    ・仮想デスクトップ更新(Refresh)/再構成(Recompose)
    ・ユーザー紐付け追加/変更/削除
    ・ThinAppパッケージ紐付け
    ・AppStack紐付け(※有償)
  • 性能面の特記事項
  • スタンダードプランでは、各仮想デスクトップに標準で20IOPSのディスク性能予約を設定しています。特定の仮想デスクトップが突発的に高負荷を与えた場合でも、一定の性能を確保し続けることができます。(※OS領域のみが対象)
  • 動作環境
  • 接続元環境:VMware Horizon Clients 3.1以降が動作すること
  • 課金単位
  • 仮想デスクトップ1台あたりの月額利用料金
  • 想定提供価格
  • 【標準デスクトップ】
    \4,900/ユーザー ※3
    (100ユーザー、1年契約)
    【高性能デスクトップ】
    \6,400/ユーザー ※3
    (100ユーザー、1年契約)
    ※3.Windowsライセンスは含んでおりませんので、別途必要となります。
  • 試用サービス
  • 4ヶ月間仮想デスクトップで使用される業務アプリケーションの動作やスムーズな移行方法の策定など、本格展開前に検証環境にてしっかりと確認いただけるPoCサービスをご提供します。また、PoCサービスを通して、弊社エンジニアが導入時の適切な方式検討をご支援します。
  • 最新版リリース日
  • 2015年10月

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る