Aruba 3810 Switch シリーズ

[2016/4/15 14:17] ブックマーク

Aruba 3810 Switch シリーズ Aruba 3810 Switch シリーズ

Aruba 3810 Switchシリーズは、高いパフォーマンスと耐障害性を提供するネットワーク・スイッチです。低レイテンシ、耐障害性のあるスタッキング・テクノロジーによる仮想化、および豊富なバックホール容量のためのラインレート40GbEなど、アプリケーション・エクスペリエンスの向上を実現します。

ネットワーク機器 >ネットワークスイッチ、ルーター

  • 製品詳細
  • 評価レポート(0件)
  • ベンダー問い合わせ

スペック

  • 提供元企業
  • アルバネットワークス株式会社
  • 特徴
  • ProVision ASICに基づいた設計で、SDN最適化、低レイテンシ、パケット・バッファリングの増加、および適応型の電力消費を可能したモバイル・キャンパスを実現します。
  • 提供モデル
  • ■HPE Aruba 3810M 16SFP+ 2slot Switch
    ■HPE Aruba 3810M 24G 1slot Switch
    ■HPE Aruba 3810M 24G PoE+ 1slot Switch
    ■HPE Aruba 3810M 48G PoE+ 1slot Switch
    ■HPE Aruba 3810M 40G 8 HPE Smart Rate PoE+ 1slot Switch
    ■HPE Aruba 3810M 48G 1slot Switch
  • ネットワークインタフェース
  • ■最大48個の10/100/1000ポート、または16個の1/10GbE SFP+ポート(モデルに依存、いずれもMACSecをサポート)
    ■8個のHPE Smart Rate Multi-Gigabit (1/2.5/5/10GBASE-T) ポート(モデルに依存)
    ■最大2個のオープンI/Oモジュールスロット(モデルに依存)
    ■PoE/PoE+ (モデルに依存)
  • 最大スタック台数
  • 10
  • 主な標準機能
  • ■ケーブルを廃棄したり交換したりすることなく、ネットワークのアップグレードが可能
    ■ClearPass Policy ManagerやAirWave Network Managementといった統合管理ツールにより、一貫した有線/無線のユーザー・エクスペリエンスを提供。Aruba AP接続時に、自動的に、PoE優先度、VLAN構成、および不正AP防止を実現するように構成を最適化
    ■モジュラー10GbEおよび40GbEアップリンクにより、適切なサイズの導入とバックホール容量を実現
    ■24ポートPoE+対応
    ■高度なレイヤー2と3機能セットには、OSPF、IPv6、IPv4 BGP、robust QoS、およびポリシーベースのルーティングをソフトウェア・ライセンスなしに搭載
    ■Aruba 3810は、OpenFlowのサポートにより、HPE Network Visualizer、Optimizer、およびProtector ApplicationsなどのSDNアプリケーションを活用可能
    ■リングトポロジでは最大10個、メッシュトポロジでは最大5個のスタッキングが可能
    ■802.1X、MACおよびWeb認証方式の並列実行により、ポリシードリブンのアプリケーション認証を実現
    ■有線と無線のユーザーに対し、統合された一貫性のあるポリシーを提供
    ■RMON、XRMON、およびsFlowによって、統計情報、履歴、アラーム、イベントに関する高度な監視機能とレポート機能を提供
    ■アウトオブバンドEthernet管理ポートにより、ネットワークデータトラフィックから分離されたトラフィックを管理
  • 主なオプション機能
  • -
  • ラックサイズ
  • -
  • 消費電力
  • 740W (最大)、モデルと構成に依存
  • 冗長化対応パーツ
  • -
  • 想定提供価格
  • ■HPE Aruba 3810M 16SFP+ 2slot Switch:1,750,000円
    ■HPE Aruba 3810M 24G 1slot Switch:560,000円
    ■HPE Aruba 3810M 24G PoE+ 1slot Switch:730,000円
    ■HPE Aruba 3810M 48G PoE+ 1slot Switch:1,100,000円
    ■HPE Aruba 3810M 40G 8 HPE Smart Rate PoE+ 1slot Switch:1,600,000円
    ■HPE Aruba 3810M 48G 1slot Switch:820,000円
    ※ すべて税抜き
  • 検証機貸出
  • -
  • 最新版リリース日
  • -
  • 提供元企業
  • アルバネットワークス株式会社
  • 特徴
  • ProVision ASICに基づいた設計で、SDN最適化、低レイテンシ、パケット・バッファリングの増加、および適応型の電力消費を可能したモバイル・キャンパスを実現します。
  • 提供モデル
  • ■HPE Aruba 3810M 16SFP+ 2slot Switch
    ■HPE Aruba 3810M 24G 1slot Switch
    ■HPE Aruba 3810M 24G PoE+ 1slot Switch
    ■HPE Aruba 3810M 48G PoE+ 1slot Switch
    ■HPE Aruba 3810M 40G 8 HPE Smart Rate PoE+ 1slot Switch
    ■HPE Aruba 3810M 48G 1slot Switch
  • ネットワークインタフェース
  • ■最大48個の10/100/1000ポート、または16個の1/10GbE SFP+ポート(モデルに依存、いずれもMACSecをサポート)
    ■8個のHPE Smart Rate Multi-Gigabit (1/2.5/5/10GBASE-T) ポート(モデルに依存)
    ■最大2個のオープンI/Oモジュールスロット(モデルに依存)
    ■PoE/PoE+ (モデルに依存)
  • 最大スタック台数
  • 10
  • 主な標準機能
  • ■ケーブルを廃棄したり交換したりすることなく、ネットワークのアップグレードが可能
    ■ClearPass Policy ManagerやAirWave Network Managementといった統合管理ツールにより、一貫した有線/無線のユーザー・エクスペリエンスを提供。Aruba AP接続時に、自動的に、PoE優先度、VLAN構成、および不正AP防止を実現するように構成を最適化
    ■モジュラー10GbEおよび40GbEアップリンクにより、適切なサイズの導入とバックホール容量を実現
    ■24ポートPoE+対応
    ■高度なレイヤー2と3機能セットには、OSPF、IPv6、IPv4 BGP、robust QoS、およびポリシーベースのルーティングをソフトウェア・ライセンスなしに搭載
    ■Aruba 3810は、OpenFlowのサポートにより、HPE Network Visualizer、Optimizer、およびProtector ApplicationsなどのSDNアプリケーションを活用可能
    ■リングトポロジでは最大10個、メッシュトポロジでは最大5個のスタッキングが可能
    ■802.1X、MACおよびWeb認証方式の並列実行により、ポリシードリブンのアプリケーション認証を実現
    ■有線と無線のユーザーに対し、統合された一貫性のあるポリシーを提供
    ■RMON、XRMON、およびsFlowによって、統計情報、履歴、アラーム、イベントに関する高度な監視機能とレポート機能を提供
    ■アウトオブバンドEthernet管理ポートにより、ネットワークデータトラフィックから分離されたトラフィックを管理
  • 主なオプション機能
  • -
  • ラックサイズ
  • -
  • 消費電力
  • 740W (最大)、モデルと構成に依存
  • 冗長化対応パーツ
  • -
  • 想定提供価格
  • ■HPE Aruba 3810M 16SFP+ 2slot Switch:1,750,000円
    ■HPE Aruba 3810M 24G 1slot Switch:560,000円
    ■HPE Aruba 3810M 24G PoE+ 1slot Switch:730,000円
    ■HPE Aruba 3810M 48G PoE+ 1slot Switch:1,100,000円
    ■HPE Aruba 3810M 40G 8 HPE Smart Rate PoE+ 1slot Switch:1,600,000円
    ■HPE Aruba 3810M 48G 1slot Switch:820,000円
    ※ すべて税抜き
  • 検証機貸出
  • -
  • 最新版リリース日
  • -

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る