EMC XtrremIO

[2016/4/15 14:17] ブックマーク

EMC XtrremIO EMC XtrremIO

XtremIOは、Intelプロセッサを搭載する完全に目的に特化した、世界ナンバー ワンのスケールアウト オール フラッシュ アレイです。

サーバ/ストレージ >ストレージ

  • サーバ/ストレージ >ストレージ
  • 製品詳細
  • 評価レポート(0件)
  • ベンダー問い合わせ

スペック

  • 提供元企業
  • EMCジャパン株式会社
  • 特徴
  • XtremIOを使えば、世界中の他のオール フラッシュ アレイよりも、多くのユーザーがさらに多くのビジネスを変革するアジャイル データセンターを構築できます。
  • 提供モデル
  • Starter X-Brick (5.2TB)、
    10TB X-Brick、
    20TB X-Brick、
    40TB X-Brick
  • 筐体タイプ
  • ラックマウントまたは専用キャビネット
  • 対応プロトコル
  • FibreChannel、iSCSI
  • 最小構成コントローラ
  • 1台(Dual Controller)
  • 最小構成キャッシュ
  • 512GB
  • 最小構成データドライブ
  • 13ドライブ(Starter X-Brickモデル)
  • 最小構成インタフェース
  • 8Gb/秒 FCポート × 4ポート、
    10GbE iSCSIポート × 4ポート
  • 最大構成コントローラ
  • 8台(16 Controllers)
  • 最大構成キャッシュ
  • 4096GB
  • 最大構成データドライブ
  • 200ドライブ
  • 最大構成インタフェース
  • 8Gb/秒 FCポート × 32ポート、
    10GbE iSCSIポート × 32ポート
  • 搭載OS
  • 専用OS(XIOS)
  • 主な機能
  • ■150万IOPS以上の性能と1PB以上の容量拡張性
    ■スケールアウトアーキテクチャ
    ■完全なインライン重複排除+圧縮
    ■完全なインメモリオペレーション(スナップショット)
    ■RecoverPointと連携したリモートレプリケーション
  • 主なオプション機能
  • EMC Storage Analytics for XtremIO
  • 想定提供価格
  • 個別見積もり
  • 検証機貸出
  • 個別相談
  • 最新版リリース日
  • -
  • 提供元企業
  • EMCジャパン株式会社
  • 特徴
  • XtremIOを使えば、世界中の他のオール フラッシュ アレイよりも、多くのユーザーがさらに多くのビジネスを変革するアジャイル データセンターを構築できます。
  • 提供モデル
  • Starter X-Brick (5.2TB)、
    10TB X-Brick、
    20TB X-Brick、
    40TB X-Brick
  • 筐体タイプ
  • ラックマウントまたは専用キャビネット
  • 対応プロトコル
  • FibreChannel、iSCSI
  • 最小構成コントローラ
  • 1台(Dual Controller)
  • 最小構成キャッシュ
  • 512GB
  • 最小構成データドライブ
  • 13ドライブ(Starter X-Brickモデル)
  • 最小構成インタフェース
  • 8Gb/秒 FCポート × 4ポート、
    10GbE iSCSIポート × 4ポート
  • 最大構成コントローラ
  • 8台(16 Controllers)
  • 最大構成キャッシュ
  • 4096GB
  • 最大構成データドライブ
  • 200ドライブ
  • 最大構成インタフェース
  • 8Gb/秒 FCポート × 32ポート、
    10GbE iSCSIポート × 32ポート
  • 搭載OS
  • 専用OS(XIOS)
  • 主な機能
  • ■150万IOPS以上の性能と1PB以上の容量拡張性
    ■スケールアウトアーキテクチャ
    ■完全なインライン重複排除+圧縮
    ■完全なインメモリオペレーション(スナップショット)
    ■RecoverPointと連携したリモートレプリケーション
  • 主なオプション機能
  • EMC Storage Analytics for XtremIO
  • 想定提供価格
  • 個別見積もり
  • 検証機貸出
  • 個別相談
  • 最新版リリース日
  • -

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る