DeviceLock(デバイスロック)

[2020/7/28 09:55] ブックマーク

DeviceLock(デバイスロック) DeviceLock(デバイスロック)

DeviceLockはユーザーに負担を強いずに必要なデータだけを守るDLP(Data Loss Prevention)ソリューションです。PCのUSBポート、CD/DVDドライブ、タブレット端末などの外部デバイス制御に加え、インターネットを介したファイルのコピー、送信を制御し、個人情報や情報資産などの不正持ち出しや盗難・紛失による情報漏えいを防止します。

セキュリティ >内部情報漏洩対策(DLP)

  • セキュリティ >内部情報漏洩対策(DLP)
  • 製品詳細
  • 評価レポート(0件)
  • ベンダー問い合わせ

スペック

  • 提供元企業
  • 株式会社ラネクシー
  • 特徴
  • DeviceLockは別途高額なハードウェアの準備など、管理サーバーを構築する必要がなく、PC1台から導入可能です。低コストで効率的なセキュリティ対策が実現できます。
  • 提供エディション
  • バージョン8.3
  • 提供形態
  • ソフトウェア ライセンス
  • 特権ID管理
  • ×
  • ファイル自動暗号化
  • ×
  • クライアント操作制御
  • メール監視
  • クライアントログ管理
  • 送信文書追跡
  • ×
  • その他の主な標準機能
  • USB メモリだけでなく、ハードディスク、SD カード( カードリーダー)、CD-R/DVD-R、FireWire、赤外線、Wi-Fi、Bluetooth、携帯情報端末、プリンタなど、ほぼすべてのデバイスに対して、それぞれにアクセス制御を設定可能です。
    また、MacOSにも対応し、情報漏洩の経路となるUSBポートを物理的に使用禁止にできます。
  • 主なオプション機能
  • ・NetworkLock(ネットワークロック)
    NetworkLockはDeviceLock Base の外部デバイス制御を中心とする機能に加え、ネットワーク通信による情報漏えいを防ぐために、Windows の様々なプロトコル( インターネット、クラウドストレージ、メール、SNS、IM、その他) の制御/ 証跡の取得をクライアント単位で実現できるDeviceLockのオプションです。
    https://www.devicelock.jp/advantages/networklock.html

    ・ContentLock(コンテントロック)
    ContentLockはDeviceLockとNetworkLockの制御機能を拡張するオプションです。デバイスやネットワークに「書き込む/アップロードする」ファイルに対して、事前に設定したルールに準じて、Windowsアカウント/グループごとにアクセス許可/禁止の権限を付与することができます。これにより、企業内の最重要データの保護や、柔軟な制御ポリシーの作成が可能となります。あらかじめファイルに対するルール設定を行っておくことで、従来のエンドポイントセキュリティよりも強固な情報漏えい対策を実現することができます。
    https://www.devicelock.jp/advantages/contentlock.html
  • 動作環境
  • システム構成および動作環境は下記URLをご覧ください。
    https://www.devicelock.jp/system
  • 課金単位
  • ライセンス形態は下記URLをご覧ください。
    https://www.devicelock.jp/price
  • 想定提供価格
  • 標準価格は下記URLをご覧ください。
    https://www.devicelock.jp/price
  • 試用サービス
  • DeviceLockトライアル版はインストール後、30日間ご試用いただけます。
    下記Webフォームからお申し込みください。
    https://lmsg.jp/form/10055/vY2iqYum
  • 最新版リリース日
  • 2018年11月7日
    ※最新OSは随時対応
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る