SuperStream-NX 会計ソリューション

[2016/4/15 14:17] ブックマーク

SuperStream-NX 会計ソリューション SuperStream-NX 会計ソリューション

SuperStream-NX会計ソリューションはあらゆるデバイスからWebブラウザを経由してアクセスでき、グローバルを含めグループ全体の経営情報を可視化できます。支払、債権管理を含めた会計データを一元管理し、財務会計のみならず管理会計機能が充実した統合会計を中心に、リース、固定資産管理や手形、ファクタリング機能など経理業務に求められる機能を包括する会計ソリューションです。

業務アプリケーション >ERP

  • 製品詳細
  • 評価レポート(0件)
  • ベンダー問い合わせ

製品詳細

■完全Web対応と優れた操作性
完全Web対応によるシステム運用の簡素化と、国内パッケージならではの優れた操作性を両立しています。
豊富なパーソナライズ機能も備えており、情報を利用する部門・人・用途・目的に応じて検索条件や出力項目、表示順などをカスタマイズできます。さらには、帳票のペーパレス化にも貢献します。

■IFRSに標準対応
日本の法制度や商習慣にきめ細かく対応すること はもちろん、日本では2017年以降に強制適用の可能性がある国際財務報告基準(IFRS)にも標準対応。総勘定元帳上で、日本基準の会計残高とIFRS の会計残高を保持し、それぞれの基準に準拠した財務諸表の作成が可能です。

■グループ経営の最適化
企業単独のみならず、企業グループ全体の効率的な経営管理に対応しています。グループ各社の会計情報をリアルタイムに集約・更新し、グループ全体の決算早期化を実現します。またWebシステムのメリットを活かし、海外を含めた複数拠点に対してもより容易かつ低コストで展開することが可能です。

■グローバルビジネスを支援
複数通貨による伝票入力・残高管理に標準対応し、拠点や会計 別に通貨を設定できます。さらに言語モードを日本語/英語で切り替えて利用できるなど、海外で事業展開を図る“日本発グローバル企業”にも最適なシステムです。また、シンガポールとマレーシアのGST(Goods and Services Tax)申告書の出力に対応しています。

スペック

  • 提供元企業
  • スーパーストリーム株式会社
  • 特徴
  • あらゆる会計データを一元管理し、財務会計のみならず管理会計機能が充実した統合会計を中心に、リース、固定資産や手形管理など経理業務に求められる機能を包括する会計ソリューションです。
  • 提供プラン
  • -
  • 提供形態
  • OnPremise, SaaS
  • 会計管理
  • 販売管理
  • ×
  • 在庫管理
  • ×
  • 購買管理
  • ×
  • 生産管理
  • ×
  • 人材管理
  • ×
  • 資産管理
  • ワークフロー
  • その他の主な標準機能
  • ■財務会計
    ■管理会計
    ■支払管理
    ■経費精算管理
    ■債権管理
  • 主なオプション機能
  • ■固定資産・リース管理
    ■建設仮勘定管理
    ■証憑管理
    ■手形管理
    ■ファクタリングシステム
    ■電子記録債権・債務管理
  • 動作環境
  • 要問い合わせ
  • 課金単位
  • 要問い合わせ
  • 想定提供価格
  • 要問い合わせ
  • 試用ライセンス
  • 最新版リリース日
  • 提供元企業
  • スーパーストリーム株式会社
  • 特徴
  • あらゆる会計データを一元管理し、財務会計のみならず管理会計機能が充実した統合会計を中心に、リース、固定資産や手形管理など経理業務に求められる機能を包括する会計ソリューションです。
  • 提供プラン
  • -
  • 提供形態
  • OnPremise, SaaS
  • 会計管理
  • 販売管理
  • ×
  • 在庫管理
  • ×
  • 購買管理
  • ×
  • 生産管理
  • ×
  • 人材管理
  • ×
  • 資産管理
  • ワークフロー
  • その他の主な標準機能
  • ■財務会計
    ■管理会計
    ■支払管理
    ■経費精算管理
    ■債権管理
  • 主なオプション機能
  • ■固定資産・リース管理
    ■建設仮勘定管理
    ■証憑管理
    ■手形管理
    ■ファクタリングシステム
    ■電子記録債権・債務管理
  • 動作環境
  • 要問い合わせ
  • 課金単位
  • 要問い合わせ
  • 想定提供価格
  • 要問い合わせ
  • 試用ライセンス
  • 最新版リリース日

関連記事

【特別企画】日本ならではのビジネス社会にマッチした、スーパーストリームのシステム連携

【特別企画】日本ならではのビジネス社会にマッチした、スーパーストリームのシステム連携

日本企業で使われる業務システムは、必要に応じて都度、導入・刷新されてきたものが多い。中堅以上の企業ともなれば、システム規模が大きくなることから、異なるシステム間のデータ・マスタを連携し、整合性を保つことが大きな課題となる。システムをシームレスに連携させ、真の意味で全体最適化を実現するには何が必要か?スーパーストリームの取締役 CTO(最高技術責任者) 山田誠氏に話を伺った。

ソリューション

【特別企画】証憑管理が簡単に! 会計経理の負担を軽減する「e文書法 スキャナ保存の規制緩和」とは

【特別企画】証憑管理が簡単に! 会計経理の負担を軽減する「e文書法 スキャナ保存の規制緩和」とは

2015年1月、企業にとって重要な電子帳簿保存法に関する規制緩和が発表されたのをご存じだろうか? 「電子帳簿保存法」が1998年7月に制定され、2005年3月に改正、紙媒体の書類をスキャナで電子化して保存する「スキャナ保存制度」が改正された。

業務アプリケーション

関連記事

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る