MotionBoard

[2018/4/4 16:03] ブックマーク

MotionBoard MotionBoard

MotionBoardは、一般的なBIツールの領域をはるかに超える機能を搭載。 データから新たな価値を生み出します。お使いになる環境に合わせて、クラウドサービスとパッケージ製品から選択いただけます。クラウドサービスは月額30,000円~となっており、手軽に始められます。

データ分析 >BI/BA

  • データ分析 >BI/BA
  • 製品詳細
  • 評価レポート(0件)
  • ベンダー問い合わせ

製品詳細

進化したMotionBoard
その可能性は無限大です。

【今、その瞬間を知る リアルタイムアラート】
センサーや業務で発生する様々なデータを監視し、リアルタイムに通知します。新しいアラート機能は、ボードごとに秒単位でチェックし、設定したしきい値を超えたタイミングでメール通知・プログラム連動などの処理を自動実行することができます。担当者が常にダッシュボードを確認する必要はありません。

【圧倒的な地図表現】
従来から提供していた地図(OpenStreetMap、MapFan、Mapion)に加え、新たに以下の地図を標準で搭載しました。これにより、豊富なパターン(航空写真・地形等)で高精細な地図を、グローバルレベルで利用できます。

【階層ツリー表示】
ビジネス上で発生するデータを、階層ツリー表現で簡単にダッシュボードへ表示できます。また、枝葉の項目から利用されている親項目を逆に調べることも可能です。例えば製造業であれば、現場で使われる部品表(BOM:Bill Of Materials)の表現が可能になります。

【管理図分析の強化】
管理図分析においてJIS規格(JIS Z 9021)に準拠した連続上昇、下降や、管理線をしきい値にした8種類のアラートを設定することができます。現場に合わせた独自の値の設定も可能です。 また、管理線の表現を強化しました

【複数のデータソースをMotionBoardで結合する 「MotionBoard View」】
「MotionBoard View」は、複数の異なるデータソースを一つのデータソースとして結合する機能です。分散されたシステムの分析を実現する上で必要な、複数データの統合が実装しやすくなります。

スペック

  • 提供元企業
  • ウイングアーク1st株式会社
  • 画面イメージ
  • MotionBoard MotionBoard
  • 標準機能と主な特徴
  • 業務データを監視、リアルタイム通知。ボードごとチェックし、通知・プログラム連動など自動実行も。
    データは階層表現でダッシュボード表示。様々な地図エンジン搭載し、豊富なパターンでデータ可視化が可能。

    【標準機能】
    OLAP分析、レポーティング機能、ダッシュボードなど
  • 提供エディション
  • MotionBoard Ver.5.7
  • 主なオプション機能
  • 帳票出力、インメモリクラスタ環境構築など、様々なオプションを用意しています。詳細はお問い合わせください。
  • 動作環境
  • [サーバー環境]
    OS:
    Microsoft Windows Server 2008 SP2以上(64bit)

    CPU:
    Intel Xeon 1GHz 以上

    RAM
    16GB以上

    ディスク容量
    1GB以上


    [クライアント環境]
    OS:
    MMicrosoft Windows Vista以上(64bit)

    CPU:
    1GHz 以上

    RAM
    1GB以上

    ディスク容量
    512MB以上
  • 課金単位
  • ユーザー単位、サーバー単位
  • 価格(税込)
  • 初期費10万円 月額3万円〜 (クラウド)
  • 無料トライアル
  • あり (※1か月)
  • 最新版リリース日
  • 2017年5月17日
  • 導入形態
  • オンプレミス、クラウド

会員登録(無料)

AI人材に必要なもの
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
クラウドサービス アンケート

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る