働き方改革に向けて勤怠管理システムでできること

[2018/05/08 13:57] ブックマーク ブックマーク

  • 勤怠管理・就業管理
  • ● 関連キーワード
  • 勤怠管理

勤怠管理・就業管理

「働き方改革」の実現に向けて、企業は従業員の多様な働き方を受け入れることが求められるようになりました。しかし、多様な働き方を受け入れると、就業状況の把握が難しくなり、勤怠管理は複雑になってしまいます。この問題を解決するために活用できるのが「勤怠管理システム」です。勤怠管理システムによって具体的に何ができるのかを紹介します。

出退勤時刻の記録

勤怠管理システムの最も基本的な機能は、従来はタイムカードとタイムレコーダーで行っていた出退勤時刻の記録です。勤怠管理システムではデータがデジタル化されているので、出退勤時刻は直接データベースに保存されます。また、勤怠管理システムの種類によってできることは異なるのですが、出退勤管理に様々な機能が備わっています。例えば、GPSを利用して従業員の在席や外出先をリアルタイムで把握したり、顔認証を利用して不正な出退勤の記録を防いだりすることが可能です。勤怠管理システムを利用することで、テレワークや複雑なシフト勤務についても正確な出退勤時刻を記録できるようになります。

勤怠状況のリアルタイム集計

勤怠管理システムでは、タイムカードの記載を表計算ソフトに書き写す作業は必要ありません。出退勤時刻や有給休暇の取得状況などの情報は自動的にデータベース化されます。さらに、勤務時間を1分単位で計算するなどのルールがある場合には、出退勤時刻を、ルールに従って集計しやすいように自動で加工することが可能です。自動でのデータベース化によってできることが広がります。例えば、勤務時間、残業時間、深夜時間の集計や、出勤簿の作成、有給休暇の残り日数の確認などがリアルタイムで行えるようになります。従業員数が多い場合や、複雑なシフトを管理する必要がある場合には、勤怠管理システムは必要不可欠と言えるでしょう。

テレワークの勤怠管理

テレワークとは会社のオフィス外で勤務することで、在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス勤務の3つの形態に分かれています。在宅勤務は自宅を就業場所とする働き方で、クリエイターなどに向いた就業形態です。妊娠、育児、介護などの理由によって通勤が困難な人も、在宅ワークによって家庭と仕事を両立することが可能になります。モバイルワークはオフィスの外で勤務する働き方で、営業職やサポートサービスに向いた就業形態です。サテライトオフィス勤務は、レンタルオフィスや数社共同のオフィスを利用する就業形態で、都心部の企業が地方に進出する際などに利用されます。

従来型の勤怠管理システムではテレワークの管理は難しかったのですが、クラウド型の勤怠管理システムでは、テレワークの管理もできるようになりました。クラウド型の勤怠管理システムでは、従業員は、スマートフォンやパソコンを通じて、時間や場所を選ばずにシステムにアクセス可能です。そのため、社外からでも勤務状況を申告することができます。しかも、単に自己申告に頼るのではなく、作業画面をランダムにキャプチャすることなどで、実際に就業をしていることを確認することもできます。モバイルワークの場合には、GPSを利用することで、移動経路の確認や営業先での滞在時間の把握も可能です。

給与計算ソフトとの連携

多くの勤怠管理システムでは、出退勤時刻などを記録したデータベースを給与計算ソフトと連携させることが可能です。例えば、給与計算ソフトの種類に応じて、データベースから出力するデータの種類とファイル形式を選択することができます。また、給与計算を社会保険労務士や税理士などにアウトソーシングしている場合にも、委託先が要望する情報のみを、指定されたファイル形式で出力することが可能です。給与計算の効率化も、勤怠管理システムによって実現できることの1つと言えます。

勤怠管理システムは多様な働き方に対応が可能

勤怠管理システムを利用することで、複雑なシフトや、テレワークなどの多様な働き方への対応が可能です。このことによって、従業員はワーク・ライフ・バランスを実現することができます。それだけでなく、企業にとっても、労務トラブルの回避や優秀な人材の確保ができるようになります。勤怠管理システムを導入することで、働き方改革の実現が近づくと言えるでしょう。

勤怠管理・就業管理の基礎知識

重要性が増している勤怠管理とは

進化を続ける「勤怠管理システム」とは

働き方改革で何が変わる? 法律に合わせた勤怠管理システムを

働き方改革に向けて勤怠管理システムでできること

勤怠管理システムの進化、最新トレンドを紹介

勤怠管理システム導入のメリット、煩雑な業務の合理化で得られるもの

勤怠管理システム導入のデメリット? 導入前の準備次第で回避可能

勤怠管理システム導入の注意点、導入効果を最大にする事前準備のポイント

勤怠管理システムの主な機能、把握することで有用性が見えてくる

便利な勤怠管理システムの集計機能 - まずは正しい設定から

便利な勤怠管理システムの打刻機能 - 最先端の打刻機能で業務を効率化

便利な勤怠管理システムの申請・承認機能 - 完全オンラインでも申請・承認

便利な勤怠管理システムのシフト設定機能 - 複雑なシフト管理を簡単効率化

便利な勤怠管理システムの給与計算機能 - 給与ソフト連携でより高機能に

中小企業の勤怠管理、クラウド型勤怠管理システムをすすめる理由

勤怠管理に携わるなら知っておくべき労働基準法の基礎知識

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3688
2
働き方改革に向けて勤怠管理システムでできること
「働き方改革」の実現に向けて、企業は従業員の多様な働き方を受け入れることが求められるようになりました。しかし、多様な働き方を受け入れると、就業状況の把握が難しくなり、勤怠管理は複雑になってしまいます。この問題を解決するために活用できるのが「勤怠管理システム」です。勤怠管理システムによって具体的に何ができるのかを紹介します。
https://news.mynavi.jp/itsearch/images/noimage.fw.png
「働き方改革」の実現に向けて、企業は従業員の多様な働き方を受け入れることが求められるようになりました。しかし、多様な働き方を受け入れると、就業状況の把握が難しくなり、勤怠管理は複雑になってしまいます。この問題を解決するために活用できるのが「勤怠管理システム」です。勤怠管理システムによって具体的に何ができるのかを紹介します。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
エイプリルフールの舞台裏
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る