働き方改革で何が変わる? 法律に合わせた勤怠管理システムを

[2018/05/08 13:56] ブックマーク ブックマーク

  • 勤怠管理・就業管理
  • ● 関連キーワード
  • 勤怠管理

勤怠管理・就業管理

長時間残業やブラック企業といった言葉が注目を集める中で、企業には、働き方改革の推進が求められています。働き方改革では、育児や介護と仕事を両立させるために、多様なワークスタイルを実現することが重要です。また、労働基準法などの法律も改正されていくので、これらの法律を守ることも必要になります。そのための鍵となるのが勤怠管理システムです。

働き方改革で企業に求められること

働き方改革が求められる背景には、少子高齢化を原因とする労働力の不足があります。これを解決するためには、労働人口を増やすことと、労働生産性を高めることが必要です。育児や介護と仕事との両立が果たせれば、より多くの人材が活躍できるようになります。また、長時間労働を原因とする過労死などの労働問題も社会問題化しています。長時間労働を是正することで、労働生産性を高めることが可能です。

企業には、より多くの人材が活躍できるような働き方を提供することと、労働生産性を高めるために長時間労働を是正することが求められていると言えます。

労働基準法の改正に対応した勤怠管理が必要

長時間労働は、働き方改革という言葉が登場する以前から社会問題になっています。そのため、平成21年にも労働基準法の長時間労働に関する部分が改正され、平成22年4月1日から施行されました。この時の法改正の内容は大きく2点です。まず、時間外労働を削減するために割増賃金率が引き上げられました。そして、年次有給休暇を有効活用できるように、5日分は時間単位での年休取得が可能になりました。企業には、この法改正により、リアルタイムでの残業時間の把握や、有給取得状況の管理が求められています。企業にとって、法律の改正に迅速に対応できる勤怠管理システムの構築が必要になったと言えるでしょう。

働き方改革の推進によって、これからも、長時間労働の是正や多様な雇用形態の実現に向けた法律の改正がなされる見込みです。残業時間の上限規制、有給休暇の取得義務、労働時間の適正管理の義務付けなどが検討されていますが、これらはいずれも勤怠管理への影響が大きいものです。将来の法律の改正に迅速に対応するためにも、勤怠管理システムの重要性は増していると言えます。

多様なワークスタイルに合わせた勤怠管理

働き方改革では、多くの人材が活躍できるように、多様なワークスタイルの実現が求められています。また、契約社員や派遣社員、パート・アルバイトなどの非正規雇用の処遇の改善が求められており、正規雇用と非正規雇用との間の垣根は低くなっていくでしょう。その結果、企業には様々な契約形態についての勤怠管理を一元的に行うことが求められます。育児や介護と仕事を両立させるには、在宅勤務が有効な手段です。在宅勤務などのテレワークが浸透していけば、企業には、さらに難しい勤怠管理が求められるようになります。

勤怠管理システムを活用することで、効率的にこれらの勤怠管理を実現することが可能です。複雑な勤怠集計が自動で行えるようになり、スマートフォンやパソコンを通じてオフィスの外からも出退勤時刻の打刻ができるようになります。働き方改革の中では、単に多様なワークスタイルを実現するだけでなく、適正な勤怠管理をすることも求められています。そのためには、勤怠管理システムの活用が必要不可欠と言えるでしょう。

働き方改革に向けて勤怠管理システムの活用を

企業には、働き方改革の推進が求められており、そのためには多様なワークスタイルを認めることが必要です。しかし、企業にとっては、多様なワークスタイルを認めると、勤怠管理が複雑になってしまいます。そして、もし適正な勤怠管理を怠れば、企業は法律上の責任を負うことになります。働き方改革の中で、企業は、複雑な勤怠管理を適法に行うことを求められているのです。複雑な勤怠管理を適法に行うための勤怠管理システムは、働き方改革が進む中でますます重要になっていくでしょう。

勤怠管理・就業管理の基礎知識

重要性が増している勤怠管理とは

進化を続ける「勤怠管理システム」とは

働き方改革で何が変わる? 法律に合わせた勤怠管理システムを

働き方改革に向けて勤怠管理システムでできること

勤怠管理システムの進化、最新トレンドを紹介

勤怠管理システム導入のメリット、煩雑な業務の合理化で得られるもの

勤怠管理システム導入のデメリット? 導入前の準備次第で回避可能

勤怠管理システム導入の注意点、導入効果を最大にする事前準備のポイント

勤怠管理システムの主な機能、把握することで有用性が見えてくる

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3687
2
働き方改革で何が変わる? 法律に合わせた勤怠管理システムを
長時間残業やブラック企業といった言葉が注目を集める中で、企業には、働き方改革の推進が求められています。働き方改革では、育児や介護と仕事を両立させるために、多様なワークスタイルを実現することが重要です。また、労働基準法などの法律も改正されていくので、これらの法律を守ることも必要になります。そのための鍵となるのが勤怠管理システムです。
https://news.mynavi.jp/itsearch/images/noimage.fw.png
長時間残業やブラック企業といった言葉が注目を集める中で、企業には、働き方改革の推進が求められています。働き方改革では、育児や介護と仕事を両立させるために、多様なワークスタイルを実現することが重要です。また、労働基準法などの法律も改正されていくので、これらの法律を守ることも必要になります。そのための鍵となるのが勤怠管理システムです。

会員登録(無料)

AI人材に必要なもの
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る