JRebel

[2018/7/18 09:13] ブックマーク

JRebel JRebel

Java アプリ開発プロジェクトの工数削減と期間短縮を実現する開発支援ツール

開発ソフトウェア >アプリ開発プラットフォーム

  • 製品詳細
  • 評価レポート(0件)
  • ベンダー問い合わせ

スペック

  • 提供元企業
  • エクセルソフト株式会社 (国内販売代理店 ※開発元は米国 Rogue Wave)
  • 特徴
  • 開発工程におけるアプリケーション サーバーの再起動の待ち時間を解消し、アプリケーション開発を加速する Java 向け開発支援ツール
  • 提供プラン
  • JRebel では、3 つのライセンス管理方法をサブスクリプション購入時に選択できます (購入価格への追加費用は発生しません)。

    ■ Hosted ライセンス
    Rogue Wave 社のクラウド サービス上でライセンスを管理をします。

    ■ Managed ライセンス
    オンプレミスにライセンス管理アプリケーションをインストールしてライセンスを管理します。

    ■Dedicated ライセンス
    個別のマシンにインストールされるライセンス ファイルでライセンスを管理します。
  • 提供形態
  • ダウンロード
  • 対応プラットフォーム
  • すべての Java 開発環境
  • 対応開発言語
  • Java
  • 主な標準機能
  • ■ コーディング結果をリアルタイムに確認
    コードやリソースの変更をワークスペース上で保存、ブラウザーをリフレッシュ (再読み込み) し即座に変更結果を確認できます。

    ■ ROI (費用対効果) を可視化
    コード変更時に短縮できた時間の概算が表示されるので、実際に節約できた工数や期間を具体的な数字で確認できます。

    ■ さまざまな Java 開発環境をサポート
    Ecplipse、IntelliJ IDEA、NetBeans などの IDE、Tomcat、WebLogic、JBoss、WebSphere などのアプリケーション サーバーなど一般的な Java 開発環境で使用できます。
  • 主なオプション機能
  • 特になし。
  • 動作環境
  • ■ アプリケーション サーバー
    Tomcat、JBoss EAP、Wildfly、Jetty、WebLogic、WebSphere、GlassFish、OSGi など。

    ■ フレームワーク
    Spring、Java EE、Struts、Wicket、GWT、Grails、LifeRay、Hybris など。

    ■ JVM
    Java、Groovy、Kotlin、Scala、JRuby、Clojure など。

    ■ 統合開発環境 (IDE)
    Eclipse、IntelliJ、NetBeans、STS、RAD、MyEclipse など。

    ■ 仮想化技術
    VMware、VirtualBox、Vagrant、Docker など。
  • 課金単位
  • ■ 年間サブスクリプションには、1 年間のメール サポートと無償アップグレードが含まれます。

    ■ ライセンスされた開発者は (同一使用者であれば) 複数のマシンに製品をインストールできます。

  • 想定提供価格
  • ■ JRebel 年間サブスクリプション ¥68,700 (税抜)

  • 試用ライセンス
  • 14日間無償でフル機能が利用可能
  • 最新版リリース日
  • 2018年 7月 5日: JRebel 2018.1.4

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る