【特別企画】

「DoubleClick Ad Exchange」の真価を知るGoogle認定パートナー

[2015/10/07 11:00] ブックマーク ブックマーク

インターネット媒体に掲載する広告枠の売買を、IT技術を駆使して自動的、あるいは半自動的に行う「アドテクノロジー」 が注目を集めている。純広告のように人手を介した営業活動を必要とせず、しかも自社メディアの広告枠の販路を拡大することができるからだ。その一方で、アドテクノロジーを使うと広告枠がその価値に見合った適正な価格で販売されにくくなるという課題もあった。

そこで本資料では、スマートフォン向けのSSPプラットフォームとして国内ナンバーワンシェアを持つ株式会社fluctの取締役・小澤昇歩氏にネットワーク広告の現状についてお話を伺いながら、純広告と既存のアドテクノロジーとのすき間を埋める新しい広告配信プラットフォーム「DoubleClick Ad Exchange」の内容について解説する。

「アドテクノロジー」という広告配信プラットフォームは、たしかに魅力的だ。しかし、現状だと導入障壁が高いという問題もある。fluctでは、その導入・運用サポートも行っているとのこと。最新のアドテクノロジーに興味のある方々は、ぜひ本資料をご一読いただきたい。

(マイナビニュース広告企画:提供 fluct)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る