【特別企画】

仮想化のデータを「見える化」する - インフラ管理者が苦しむポイントを解説

[2015/05/28 13:57] ブックマーク ブックマーク

仮想化

仮想化環境構築後の「困った」からあなたを解放

  • 新規のワークロードが与える影響の把握が困難
  • 仮想マシンやストレージのサイジングミスにより発生するボトルネック
  • インフラ全体のどこにボトルネックが発生しているかわからない

→「困った」からあなたを解放する!? 仮想化環境構築についてはこちらからご確認下さい。


サーバ環境仮想化の功罪

リソースの有効活用を実現する技術として広く普及した「仮想化」。管理ソフトウェアも日々進化しており、仮想マシンの動作状況は、より詳しく、よりわかりやすく把握できるようになっている。もはや、新規にサーバを購入する際に、導入を検討しないシステム管理者はいないはずだ。

システム管理者らの信頼を勝ち取った仮想化だが、システム基盤全体で見ると、依然として課題は残っている。サーバの先につながるストレージやネットワーク機器においては、複数の仮想マシンによるリクエストを分け隔てなく受け取るケースがほとんど。そのため、従来型の環境では容易に把握できていたワークロードの関係性が、仮想化環境では見えなくなってしまっているのだ。

すなわち、ワークロードの"見えない化"が生じてしまっているのである。

こうした状況はさまざまなシーンで悪影響を及ぼす。例えば、ストレージの性能が落ちた際、ストレージ側の管理ソフトだけでは、仮想マシンのどの処理が影響しているのかを特定することが難しい。

また、新規に仮想マシンを立ち上げた際にも、既存の環境にどの程度の影響が及ぶのか予測するのは困難である。将来的にどういった問題が生じうるのか、見込みを立てづらい状況が生じてしまう。

以上のような課題に取り組んできたプロの視点による解決方法をまとめてみた。下記からPDFをダウンロードして確認していただきたい。

詳細はホワイトペーパーで配布中 ⇒ ダウンロードはこちら
※ダウンロードには会員ログインが必要です。
※個人情報の取り扱いにつきましては、 個人情報の取り扱いページでご確認ください

(マイナビニュース広告企画)

595
2
仮想化のデータを「見える化」する - インフラ管理者が苦しむポイントを解説
2015-09-28 18:52:02
仮想化技術におけるストレージとサーバとのやり取りを見える化する事でユーザビリティを底上げする。リソースの有効活用を実現する技術として広く普及した「仮想化」。管理ソフトウェアも日々進化しており、仮想マシンの動作状況は、より詳しく、よりわかりやすく把握できるようになっている。その要因についてまとめた。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2015-05-28-002-index.top.jpg
仮想化技術におけるストレージとサーバとのやり取りを見える化する事でユーザビリティを底上げする。リソースの有効活用を実現する技術として広く普及した「仮想化」。管理ソフトウェアも日々進化しており、仮想マシンの動作状況は、より詳しく、よりわかりやすく把握できるようになっている。その要因についてまとめた。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る