【特別企画】

サポート終了までわずか! Windows XPからデスクトップ仮想化へ

[2013/05/22 12:00] ブックマーク ブックマーク

仮想化

Windows XPから移行の際に検討したいデスクトップ仮想化

現在利用している最も主要なPCのOS(※)
クリックすると大きい画像が表示されます

2014年4月にWindows XPのサポート期限が終了するのを受けて、多くの企業ではクライアントPCのOSをWindows 7/8に移行する必要に迫られている。ノークリサーチの調査結果によると、2012年の段階で企業がクライアントOSとして採用している割合は、全体ではWindows 7が46.0%で最も高いものの、次にWindows XPが45.4%となっている。特に従業員数が50人から1000人までの中堅・中小企業になると半数以上がWindows XPを利用している(グラフ参照)。

そうした中、Windows XPからの移行に当たって、次なるクライアント環境としてぜひとも検討したいのが、デスクトップ仮想化の導入である。デスクトップ仮想化は、セキュリティ強化や生産性向上、変化への迅速な対応、ワークスタイル変革、運用コスト低減、業務の継続性など数々の経営課題を解決できるソリューションであり、企業の規模を問わず現在注目を集めている。

IDC Japanの「国内クライアント仮想化市場 2012年上半期の分析と2012年~2016年の予測アップデート(J12170106, 2012年11月)」によれば、2011年の法人向けクライアント端末の仮想化導入率は16.6%だった。そして、2016年には40.4%に達すると予測している。また国内のクライアント仮想化ソフトウェアの出荷ライセンス数も、2011年の94万2,318ライセンスに対し、2016年には227万2,344ライセンスに達する見込みだ。このように、出荷ライセンス数は5年間で3倍以上、企業における仮想化導入率も4割以上に達すると予測されている。

注目のデスクトップ仮想化をスムーズかつ低コストに行う最適な方法とは・・・

<続きはPDFで ⇒ ホワイトペーパーのダウンロードはこちら

『サポート終了までわずか! Windows XPからデスクトップ仮想化へ』
のホワイトペーパーを無料提供中

⇒PDFダウンロード

(※)出典:ノークリサーチ「2012年版中堅・中小企業におけるPC環境の実態と展望レポート」

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
387
2
サポート終了までわずか! Windows XPからデスクトップ仮想化へ
2017-09-20 11:19:21
2014年4月にWindows XPのサポート期限が終了するのを受けて、多くの企業ではクライアントPCのOSをWindows 7/8に移行する必要に迫られている。そうした中、Windows XPからの移行に当たって、次なるクライアント環境としてぜひとも検討したいのが、デスクトップ仮想化の導入である。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2013-05-22-003-index.top.jpg
2014年4月にWindows XPのサポート期限が終了するのを受けて、多くの企業ではクライアントPCのOSをWindows 7/8に移行する必要に迫られている。そうした中、Windows XPからの移行に当たって、次なるクライアント環境としてぜひとも検討したいのが、デスクトップ仮想化の導入である。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る