【特別企画】

仮想化/クラウド時代に 企業システム基盤が進むべき道筋

[2013/03/01 08:00] ブックマーク ブックマーク

仮想化

Cスタジオ 代表取締役 千貫素成氏

三菱東京UFJ銀行でシステムエンジニアを22年間にわたって務めた後、2010年秋に独立し設立したCスタジオで企業の経営改革支援に携わる千貫素成氏。同氏は2月6日に開催された「マイナビニュース仮想化セミナー【Day1】コスト削減とリスクヘッジを実現する今後の仮想化環境 ~Red HatとIBMが提供するローリスクなOSSの活用~」に登壇。セッションでは、仮想化やクラウドコンピューティングが本格的に普及を遂げる中で、ビジネスニーズに即したシステム基盤をいかにして構築・活用していくかのポイントが示された。

システム基盤改革への5つのステージ

企業の基幹システムの企画・構築・運用で豊富な経験を持つ千貫氏が今回掲げたテーマは、仮想化/クラウド時代に求められるシステム基盤のあり方である。そのプロセスとして同氏は、大きく5つのステージに分けて段階的に進めていくことを提案した。

第1ステージは最も基本的な「仮想化によるシステム基盤の統合」である。サーバとストレージを統合することによって、両インフラをIaaSとして扱うことが可能になる。千貫氏は、サーバ仮想化のメリットとして、サーバの追加や能力変更が瞬時に行えること/予備機が1台で済むこと/SANブートなどによってディスクレス構成をとれるのでハードウェアが壊れにくいことの3点を挙げた。また、ストレージ仮想化では、ディスクの追加、拡張が瞬時にできること/シンプロビジョニング(動的なリソース再配分)によって容量を節約できることの2点がメリットとして示された。

また、千貫氏は、ここ1、2年で大きな注目を集めるようになったBYOD(Bring Your Own Devices:私物デバイスの業務利用)を含めて、デスクトップの統合(DaaS)を行うメリットについても言及。OSとアプリケーションをユーザーごとに導入する必要がないこと/端末毎の構成管理が不要なこと/情報漏洩を抑止できること、端末の種類を選ばないことの4点が挙げられた。

続く第2ステージは・・・

<続きはPDFで ⇒ ダウンロードはこちら

「仮想化/クラウド時代に 企業システム基盤が進むべき道筋」記事全文&講演
資料PDF無償配布中


本稿で紹介している、Cスタジオ 代表取締役 千貫素成氏の講演レポート記事全文PDFと講演資料のPDFを無償で配布しています。仮想化やクラウドコンピューティングが本格的に普及を遂げ、ビジネスニーズに即したシステム基盤の改善が求められる昨今。千貫氏が語るポイントと5つのステージとは何か!?その具体的な内容を確認したい方々に、ぜひご一読をお勧めします。

 ⇒PDFダウンロード

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
369
2
仮想化/クラウド時代に 企業システム基盤が進むべき道筋
2017-09-07 10:49:35
仮想化やクラウドコンピューティングが本格的に普及を遂げる中で、ビジネスニーズに即したシステム基盤をいかにして構築・活用していくかのポイントが示された。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2013-03-01-001-index.top.jpg
仮想化やクラウドコンピューティングが本格的に普及を遂げる中で、ビジネスニーズに即したシステム基盤をいかにして構築・活用していくかのポイントが示された。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る