【特別企画】

「HYPER-V」と「Tintri VMstore」で最適な仮想化環境を構築する方法

[2015/11/04 12:40] ブックマーク ブックマーク

仮想化

「Tintri VMstore」と「HYPER-V」を利用する際によくある3つの「困った」とは何か

  • 仮想化システムにおける容量とパフォーマンス効率の向上
  • 「HYPER-V」を使用した仮想化システムの復旧対策
  • 「Tintri VMstore」における、仮想マシン単位の管理

PDFをダウンロードする


モバイル端末の普及やワークスタイルの変革、そしてセキュリティ対策など、様々な目的に利用される仮想化環境システム。米Tintri社が提供する「Tintri VMstore」は、仮想化環境における、データ管理や仮想化専用ストレージとして大きな注目を集めている。 そして2015年3月、Tintri社の日本法人であるティントリジャパン合同会社は、「Tintri VMstore」がMicrosoft「HYPER-V」のサポートを開始したと発表した。

「HYPER-V」は2008以降のWindows Serverに標準で組み込まれている仮想化システムである。さらにWindows8(Pro、Enterprise)以降は、Virtual PCに代わりHYPER-Vの機能が搭載されることとなり、2012年以降は仮想化プラットフォーム市場においてシェア1位を維持し続けている。

以下のホワイトペーパーには、「Hyper-V」にて「Tintri VMstore」を用いる際の、ベストプラクティスがふんだんに記載されている。

「Hyper-V」を用いた仮想化システムの管理者、また仮想化システムにおけるバックアップや復旧細作に頭を悩ませるシステム担当者にとって、大きな手助けとなることだろう。

(マイナビニュース広告企画:提供 ティントリジャパン合同会社)

1040
2
「HYPER-V」と「Tintri VMstore」で最適な仮想化環境を構築する方法
2016-06-01 14:07:03
モバイル端末の普及やワークスタイルの変革、そしてセキュリティ対策など、様々な目的に利用される仮想化環境システム。米Tintri社が提供する「Tintri VMstore」は、仮想化環境における、データ管理や仮想化専用ストレージとして大きな注目を集めている。そして2015年3月、Tintri社の日本法人であるティントリジャパン合同会社は、「Tintri VMstore」がMicrosoft「HYPER-V」のサポートを開始したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/11/04/tintri-practice.jpg
モバイル端末の普及やワークスタイルの変革、そしてセキュリティ対策など、様々な目的に利用される仮想化環境システム。米Tintri社が提供する「Tintri VMstore」は、仮想化環境における、データ管理や仮想化専用ストレージとして大きな注目を集めている。そして2015年3月、Tintri社の日本法人であるティントリジャパン合同会社は、「Tintri VMstore」がMicrosoft「HYPER-V」のサポートを開始したと発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る