【特別企画】

事前検証にみるユーザーメリットを解説――Dell EMC「PowerMax」のアップデート

[2019/10/31 17:35] ブックマーク ブックマーク

  • ストレージ

ストレージ

デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展、AIやIoTといった新しいテクノロジーの活用は、企業におけるデータの在り方を一変させました。

そして、データの運用を司るストレージへの要求は、データの重要性が増すとともに日に日に高まっている状況です。

こうしたなか、ミッションクリティカルなものであっても、素早く、タイムリーにデータを運用することができるハイエンドモデルという位置づけで2018年4月に発表されたのがDell EMC「PowerMax」です。SymmetrixからSymmetrix DMX、Symmetrix VMAXへの流れを汲むPowerMaxは、既存モデルにあった高いパフォーマンスと信頼性、高可用性を継承しつつ、NVMeへの対応、リアルタイムマシンラーニング(機械学習)といった機能を武器に、同社の新しいフラッグシップモデルとして日本市場でも導入が進んでいます。

事前検証でみえたアップデートのユーザーメリット

本稿からダウンロードできる資料では、このPowerMaxのアップデートの詳細をNVMe over Fabricとストレージクラスメモリ(SCM)への対応を中心にDell EMCの担当者が解説するだけでなく、アジアパシフィックの企業として初めてベータ版の事前検証を行ったNECの担当者が、アップデートされた機能がもたらすユーザーメリットを紹介しています。

ほかにも、近年のストレージに求められる保守の充実やカスタマイズにおける高い運用性、省スペースで高いパフォーマンスを発揮する効率性などにも触れており、あらゆる業種・業界の企業へDell EMCの製品を提供してきたNECだからこそみえたユーザーメリットが網羅されています。

オンプレミスのストレージ環境に何らかの課題を持っている担当者は、是非、本稿の資料をダウンロードをしてみてはいかがでしょうか。

提供レポートのご案内

事前検証でみえた
NVMe over FabricとSCMがもたらす
ユーザーメリットとは
―Dell EMC「PowerMax」のアップデート

  • いよいよ登場! NVMe over FabricとSCMに
    対応した新PowerMax
  • 20 年の導入実績を持つNECが事前技術検証に参加

>> PDFのダウンロードはこちら


インテル®

最新のインテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリーは、新しいエンタープライズ・アプリケーション、科学技術計算、通信、ストレージ、クラウド、ビッグデータ分析など、さまざまな用途に、性能、電力効率、仮想化、セキュリティーの面で大きなメリットを提供し、IT 部門の課題解決を支援します。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabookは、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporationの商標です。


[PR]提供:Dell EMC

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る