マイナビニュースマイナビ
【特別企画】

「サイバーレジリエンシー」の仕組みを構築するDell Technologiesのアプローチ

[2019/10/21 18:50] ブックマーク ブックマーク

「サイバーレジリエンシー」という言葉をご存じだろうか。まず「レジリエンシー」とは、企業において何らかの被害を被ってしまい、事業の継続が困難になってしまった場合も、その被害を最小限に食い止め、製品・サービスの提供を通常時とできる限り変わらずに維持し続ける能力のことを指す。

そして「サイバーレジリエンシー」という際には、自然災害や、サイバー攻撃による甚大なインシデントの発生などによる事業継続が困難とされる状況下における【対応力】と【復旧力】を意味していることが多い。

つまり、企業がサイバーレジリエンシーを高めていくためには、万が一の際、いち早く平時の状態を取り戻すための復旧の速さだけでなく、こうした万が一を未然に防ぐ、または被害が出てしまった場合もより早い段階で予防できるための仕組みづくりが重要となってくる。

検知から対応、復旧までをカバーするDell Technologies


サイバーレジリエンシーの言葉の意味が示す通り、今日のように、サイバー攻撃が日常化し、脅威の侵入が前提となれば、侵入を受けたあとの事後対策だけでは事足りないことはもうおわかりだろう。

インシデントが起きるその前に、予兆となる何らかを検知し、被害が顕在化したらその時点で対応する、こうしたアプローチが企業には求められている。

本稿からダウンロードできる資料では、Dell EMCが提供するDell EMC Data Domainなどを活用したバックアップソリューション「Cyber Recovery Solution」を紹介しているほか、バックアップの領域だけではカバーしきれない「検知」「対応」の領域において、同じくDell Technologiesの一員であるSecureworks、RSA、それぞれのソリューションを「たとえば、〇〇な企業なら」というかたちで紹介。Dell Technologiesが強みとするワントップなソリューション提供と、そのなかにおける豊富な選択肢を垣間見ることができる内容となっている。

ベンダーやソリューションの選定に悩みを抱えている担当者にとって、その方針を固めるうえでも参考となる資料となっている。

提供資料のご案内

検知から対応、復旧までをカバーした
「サイバーレジリエンシー」が重要に
Dell Technologiesが提唱する対策へのアプローチとは

  • サイバーリカバリーを対象とするDell EMC
    「Cyber Recovery Solution」
  • 「見えざる脅威」との戦いをMSSとして支援する
    SecureWorks
  • 「PPT」を整備するための選択肢を持つことが重要、
    それを支援するRSA
  • 企業の規模や予算により幅広い選択肢を提供する
    Dell Technologies


 インテル®
 Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における
 Intel Corporation またはその子会社の商標です。


[PR]提供:Dell EMC

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る