【特別企画】

爆発的にデータ量が増え続けるなかで「オブジェクト・ストレージ」が注目される理由

[2019/07/01 09:30] ブックマーク ブックマーク

ストレージ

爆発的に増加している企業データに、従来の環境で対応できるだろうか?

⇒ PDFのダウンロードはこちら

デジタルトランスフォーメーション(DX)があらゆるビジネスを変革していくなか、企業が扱うデータ量は爆発的な増加を続けている。

その内容も写真や動画、音声、各種センサーデータなど、非構造(非定型)データの割合が増えてきており、量の変化と質の変化の両方に対応できるデータ保管環境が求められるのは必然だろう。

このような状況において、注目を集めているのが「オブジェクト・ストレージ」だ。

オブジェクト・ストレージは、階層(ディレクトリー構造)でデータを管理する従来のストレージとは異なり、データを入れるエリア「パケット」と実ファイルである「オブジェクト」という個別の単位でデータを保管する仕組みを持つ。

大容量化への対応や、データへの迅速なアクセスが可能になるなど、すべての構造/非構造データを保管しておくのに適したデータ管理基盤となる。

特にストリーミングサービスなど、大容量データへの迅速なアクセスが求められるクラウド用途で、高いパフォーマンスを発揮する。

「IBM Cloud Object Storage」が企業のデータ保管・活用に関わる課題を解決

本稿からダウンロードできる資料では、日本アイ・ビー・エムが提供するオブジェクト・ストレージ「IBM Cloud Object Storage」について解説。

大容量化の対応やアクセス速度の向上はもちろん、バックアップ/アーカイブ用途に最適な信頼性、複数リージョンをまたいだデータ分散による可用性の高さといった、オブジェクト・ストレージに求められる性能について知ることができる。

クラウド(パブリック/プライベート)やオンプレミスといった多様な提供形態を用意しているうえ、用途に合わせて最適なコスト、そのうえ安全に運用できることもメリットだろう。

データ保管領域の拡大、バックアップ、クラウドを利用したサービスの展開、AI活用やデータ分析など、ストレージの性能向上が求められる場面は少なくない。

そうしたミッションに取り組む企業担当者は、ぜひ本資料をダウンロードし、目を通していただきたい。

提供レポートのご案内

IBM Cloud Object Storage

  • オブジェクト・ストレージとは?
  • IBM Cloud Object Storageの3つの特長
  • IBM Cloud Object Storageのテクノロジー

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:日本アイ・ビー・エム

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る