【特別企画】

デジタル変革の第一歩、なぜ企業ストレージの"最新化"が必要か

[2018/07/17 08:00] ブックマーク ブックマーク

  • ストレージ

ストレージ

多くの企業にとって、「デジタル変革」は重要な経営課題である。その潮流に乗り遅れず、ビジネスを改革するためには、最先端のIT技術を採り入れること(最新化)が必要だ。

ITの最新化において、ボトルネックとなりがちなのがストレージである。安定的に稼働しているストレージを最新技術に置き換えると言っても、たいへんな労力が必要で、不安に思うのも無理はない。しかし、旧式のストレージのままでは、メンテナンスも容易ではなく、”クラウドとの統合”のような新しいニーズへの対応も困難である。

ITがビジネスの変革に寄与するためには、旧来のエンタープライズSANをフラッシュ ストレージで最新化することが第一歩となる。

フラッシュストレージを選択する理由


最新化における重要なポイントとして、「パフォーマンスの向上」「運用の簡易化」「将来を見据えたアーキテクチャ」の3つを取り上げ、最新技術を用いたフラッシュ ストレージを選択することのメリットについて解説している。これらのポイントについて、少し紹介しよう。

フラッシュ ストレージは、従来のハードディスクと比較して遙かに高速なI/Oを発揮し、劇的な「パフォーマンスの向上」を実現する。フラッシュによるアプリケーションの高速化は、カスタマーエクスペリエンスの向上を図ることができる。さらにITチームのパフォーマンスを向上させる運用ツールを組み合わせることで、ビジネス全体がメリットを享受できるようになるだろう。

複雑なシステムは、メンテナンスに大きな手間がかかる。機器更改などで継続的なCAPEX(設備投資)が発生し、管理ツールやプロセスの複雑化を招いてOPEX(運用コスト)まで肥大化させてしまう。オールフラッシュストレージであれば、インフラを簡易化して電力・冷却・設置面積といったコストを削減できる。また、運用を簡易化するストレージ機能と組み合わせれば、高いコスト削減効果を生み、オールフラッシュストレージへの投資を短期間で回収することもできる。

古いストレージでサイロ化された旧式のシステムでは、現代のビジネスニーズには応えられない。クラウドとオンプレミスの双方を使いこなすハイブリッドクラウドを見据え、一貫性のあるポリシーで自在にデータを移動できる環境を目指す必要がある。そして、その投資を未来に生かせる製品を選ぶことが重要だ。

================================================

本資料では、これら3つのポイントを細かに解説している。ITおよびストレージの最新化がなぜ必要なのか、フラッシュストレージがもたらすメリットにはどのようなものがあるのか、しっかりと理解しておこう。

提供資料のご案内

SANの最新化について知っておくべき
3つのポイント

  • あらゆるアプリケーションを高速化
  • 簡易化によるROI
  • 将来を見据えたITアーキテクチャ

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:ネットアップ

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る