【特別企画】

2014年、訪日外国人観光客の消費額...2兆円! - インバウンドの波にどう乗るか

[2015/08/11 11:00] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

政府が観光立国を目指す取り組みをスタートして10年余り、訪日外国人旅行者は2014年に1,400万人を超えた。また、2020年までに2,000万人といわれていた目標も、このまま行けばそれより前に突破すると予想される。そうした背景もあり、訪日外国人観光客のショッピング意欲は高まり続けている。

さらに、2014年には外国人観光客の消費額は2兆円を超えたという。しかも、そのうちの約35%にあたる7,142億円が買い物費用だったという観光庁のデータがある。詳しくは下記のグラフを見ていただきたい。これが2015年には、1兆円を超えると予想されている。

増え続ける訪日外国人観光客と買い物額の推移
※出展:観光庁「訪日外国人消費者動向調査」を基に作成

国内店舗数のうち、免税店はわずか...

2014年10月1日に改正された免税制度では、免税対象品目の拡大、免税店許可要件や、購入記録表などの表示様式の弾力化などが盛り込まれ、当初の予定では、前年比10%の売上アップだと試算されていたが、予想を遙かに上回る154%アップという効果が上がった。今や免税店になるのは、早い者勝ちといったところなのだ。しかし、現在国内店舗数のうち、免税店はわずか2%だという。一体なにが免税店増加を足止めさせているのだろうか? それは、免税店の運用の難しさ。その中でも大きな問題となっているのが、「精算時の煩雑さ」なのだ。

一日あたり数十万円もの売上アップに成功したその方法とは?⇒詳しい内容はこちら



(マイナビニュース広告企画 : 提供 NECネクサソリューションズ)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
615
2
2014年、訪日外国人観光客の消費額...2兆円! - インバウンドの波にどう乗るか
2017-09-20 11:19:20
政府が観光立国を目指す取り組みをスタートして10年余。訪日外国人旅行者は2014年に1,400万人を超え、2020年までに2,000万人という目標も、突破は目前となっている。2015年7月に開催されたNECネクサソリューションズ主催による、小売業・ショッピングセンター向けセミナー「外国人観光客の満足を高めるために必要なこと」。本記事ではその概要を紹介する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2015-08-11-001-index.top.jpg
政府が観光立国を目指す取り組みをスタートして10年余。訪日外国人旅行者は2014年に1,400万人を超え、2020年までに2,000万人という目標も、突破は目前となっている。2015年7月に開催されたNECネクサソリューションズ主催による、小売業・ショッピングセンター向けセミナー「外国人観光客の満足を高めるために必要なこと」。本記事ではその概要を紹介する。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る