【特別企画】

"電話"の応対に、世界中の消費者半数以上が「不満」 - 本当に求められるカスタマーサービスとは

[2015/06/23 11:57] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

今、カスタマーサービス市場は重要な過渡期を迎えている。カスタマーサービスが本格的に始まった当初は、物理的なコンタクトセンターが存在し、主なチャネルは電話だった。そのため、問い合わせの件数や繁忙期などが予測しやすく、このようなコンタクトセンターなどは最小コストで成果を追及する場所として考えられていた。

しかし、現代のカスタマーサービスは単なる電話の応対だけでは、成り立たない。顧客はいつでも、どこでも、どのデバイスからでも応対を求めてくるため、従来のサービスやソリューションではもはや対応できない。

また2013年、アクセンチュアによる世界の消費者動向調査調べによると、世界の消費者の66%がカスタマーサービスの対応の悪さを理由に、そのブランドや取引先を変更したことがあるという。さらに、変更した回答者の82%が「変更を思いとどまらせるような何らかの対応ができたはずだと思う」と答えている。

上記の結果でも分かるように、消費者は単純作業的な応対では満足せず、より質の高いものを求めているのだ。

たとえば、相談をしたいが時間がないため電話をするのは面倒という人には、メール。メールよりももっと気軽に話したいなら、チャット。どんな人かわからないから不安、という人には相手の顔を見て話すことができる、テレビ電話、など。

このように、一人ひとりのニーズに合わせたカスタマーサービスが、今必要とされているのだ...

続きは⇒ホワイトペーパーをダウンロード

原点は、一人ひとりに合わせたカスタマーサービス


カスタマーサービスが開始した当初から、現代の流れへ移り変わったのには大きく3つのウェーブがある。

本稿では、「カスタマーケアの3つのウェーブ」と題したホワイトペーパーを、無償で配布している。カスタマーサービスについて、歴史から最新の動向、How to ガイドの3部に分け、提供している。ビジネス意思決定者には特に見逃せない内容となっている。ぜひ一度、ホワイトペーパーをダウンロードしていただき、役立ててほしい。

⇒詳しくはホワイトペーパーをダウンロード

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
599
2
"電話"の応対に、世界中の消費者半数以上が「不満」 - 本当に求められるカスタマーサービスとは
2017-09-07 10:49:19
今、カスタマーサービス市場は重要な過渡期を迎えている。カスタマーサービスが本格的に始まった当初は、物理的なコンタクトセンターが存在し、主なチャネルは電話だった。そのため、問い合わせの件数や繁忙期などが予測しやすく、このようなコンタクトセンターなどは最小コストで成果を追及する場所として考えられていた。しかし、現代のカスタマーサービスは単なる電話の応対だけでは、成り立たなくなっている。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2015-06-23-003-index.top.jpg
今、カスタマーサービス市場は重要な過渡期を迎えている。カスタマーサービスが本格的に始まった当初は、物理的なコンタクトセンターが存在し、主なチャネルは電話だった。そのため、問い合わせの件数や繁忙期などが予測しやすく、このようなコンタクトセンターなどは最小コストで成果を追及する場所として考えられていた。しかし、現代のカスタマーサービスは単なる電話の応対だけでは、成り立たなくなっている。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る