【特別企画】

グローバル競争に勝ち抜くための強い企業体質づくりとは?

[2015/03/31 09:17] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

日本製品、企業の競争力低下が叫ばれて久しい昨今、今後どのようにしてグローバル競争を勝ち抜いていけばよいのだろうか? 

強い企業になるためには、特に製造業において重要な3要素と言われる品質(Quality)、コスト(Cost)、納期(Delivery)をつくり込む工程を改善しなくてはならない。新たなイノベーションを起こすためには、従来とは異なる、新しいタイプのこれら「QCD」の管理が必要なのである。

「良いものだけど売れない」ということはあり得ない

数多くの企業経営者と交流を持ち、QCD改革について豊富な経験と知識を持つ、日本経営システム協会会長 田中雅康氏は「ものが売れない時代とよく言われるが、決してそのようなことはない」と強く主張する。

「もし本当にものが売れないのであればヒット商品も生まれません。ところが現実には、毎年のように新しいヒット商品が数多く生まれています。しかも、安いものばかりではなく、高いものでも売れているのです」なぜ売れるのか、それは......

<続きはPDFで ⇒ ダウンロードはこちら

グローバル競争に勝ち抜くための強い企業体質づくりとは


本稿で紹介している、NECネクサソリューションズによる『グローバル競争に勝ち抜くための強い企業体質づくりとは』の、PDF形式のホワイトペーパーを無償で配布しています。

⇒ホワイトペーパーをダウンロード

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
583
2
グローバル競争に勝ち抜くための強い企業体質づくりとは?
2017-09-07 10:49:20
世界市場において日本製品の競争力低下が叫ばれて久しい。新製品の投入速度が遅い、斬新さがない、そして高コスト。今後どのようにしてグローバル競争を勝ち抜くべきかを、数多くの企業経営者と交流を持ち、QCD改革について豊富な経験と知識を持つ、日本経営システム協会会長田中雅康氏が語った、この課題に対する一つの回答を紹介する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2015-03-31-002-index.top.jpg
世界市場において日本製品の競争力低下が叫ばれて久しい。新製品の投入速度が遅い、斬新さがない、そして高コスト。今後どのようにしてグローバル競争を勝ち抜くべきかを、数多くの企業経営者と交流を持ち、QCD改革について豊富な経験と知識を持つ、日本経営システム協会会長田中雅康氏が語った、この課題に対する一つの回答を紹介する。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る