【特別企画】

半年後に迫ったWindows Server 2003の製品サポート終了!! - 今からでも間に合う安心・確実な移行手法とは?

[2015/02/24 08:00] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

中堅小規模企業の移行を阻害する課題とは...

Windows Server 2003の製品サポートが、今年7月15日(日本時間)で終了する。その後は、新たな脆弱性が発見されたとしても修正パッチは配布されない。昨今、脆弱性を悪用したサイバー攻撃件数は急増しており、新OSへの移行は急務となっているが、中堅小規模企業を中心に、サポート終了まで半年を切った現在でも、終了に対する認知は高まっているものの、実際の移行作業は、予算の確保やリスクに対する経営陣の理解不足、担当者の人手不足、移行後のアプリケーションの動作検証が困難、などの原因から、なかなか進んでいないという。

また、Windows Server 2003を使い続ける最大のリスクはセキュリティだあることは上述のとおりだが、もう1つ大きなリスクが存在する。それはハードウェアの老朽化によるリスクだ。現在稼働しているマシンの中には、近々にリプレース時期を迎えるマシンも多い。老朽化したハードウェアは故障率が高く、修理して使い続ける場合でも、交換部品の枯渇や調達に時間がかかるほか、ハードウェアのトラブルによって業務が停止した場合、その対応コストは莫大な金額に上ることとなるのだ。

悩んでいる時間があるなら、まずは"駆け込み寺"に相談を

とはいえ、中堅小規模企業にとって、独自でサーバOSを移行するのはハードルが高い。Windows Server 2003の稼働状況を把握して課題を棚卸しし、移行先のプラットフォームを選定したうえで、優先順位をつけて移行作業にとりかかる。もちろん、移行時の障害発生を想定したバックアップ/リストア対策など、ビジネスが停止しないように万全を期さなければならないからだ。

そうした悩みを抱えている企業を、トータルで支援するプログラムとして注目されているのが、インテル? Xeon? プロセッサーを搭載するx86サーバーSystem xを提供するレノボ・エンタープライズ・ソリューションズ(以下、LES)が提供する「Lenovo Windows EOS 駆け込み寺」である。

これは、「レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ・センター(以下、LESC)」の設備を活用して顧客のIT環境を診断し、移行方針の決定や最適な移行方法/移行ソリューションの選定をしたうえで、具体的な移行作業を支援するプログラムである。顧客のIT環境に合わせたオンプレミス、パブリック・クラウドを問わない様々な移行先に対する最適な移行方法とソリューションを、同社の移行パートナー(17社)、ソリューション・パートナー(8社)、クラウド・パートナー(10社)(いずれも2015年1月16日時点)とともに提案する。レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ ビジネス開発 シニア・ビジネス・デベロップメント・スペシャリストである森みちる氏は、「何から着手すべきか悩んでいるお客様は、ぜひ検討していただきたい」と語る...

<続きはPDFで ⇒ ダウンロードはこちら

もう待ったなし!! 「Lenovo Windows EOS駆け込み寺」で実現する安心・確実な移行プロジェクト


本稿で紹介している、「もう待ったなし!! 『Lenovo Windows EOS駆け込み寺』で実現する安心・確実な移行プロジェクト」の、PDF形式のホワイトペーパーを無償で配布しています。

⇒ホワイトペーパーをダウンロード

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
571
2
半年後に迫ったWindows Server 2003の製品サポート終了!! - 今からでも間に合う安心・確実な移行手法とは?
2017-09-07 10:49:20
Windows Server 2003の製品サポートが、今年7月15日(日本時間)で終了する。その後は、新たな脆弱性が発見されたとしても修正パッチは配布されない。昨今、脆弱性を悪用したサイバー攻撃件数は急増しており、新OSへの移行は急務となっている。しかし、中堅小規模企業にとって、独自でサーバOSを移行するのは移行時の障害発生を想定したバックアップ/リストア対策など、ビジネスが停止しないように万全を期す必要がありハードルが高い。。そうした悩みを抱えている企業を、トータルで支援するプログラムとして注目されているのが、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ(以下、LES)が提供する「Lenovo Windows EOS 駆け込み寺」である。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2015-02-24-002-index.top.jpg
Windows Server 2003の製品サポートが、今年7月15日(日本時間)で終了する。その後は、新たな脆弱性が発見されたとしても修正パッチは配布されない。昨今、脆弱性を悪用したサイバー攻撃件数は急増しており、新OSへの移行は急務となっている。しかし、中堅小規模企業にとって、独自でサーバOSを移行するのは移行時の障害発生を想定したバックアップ/リストア対策など、ビジネスが停止しないように万全を期す必要がありハードルが高い。。そうした悩みを抱えている企業を、トータルで支援するプログラムとして注目されているのが、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ(以下、LES)が提供する「Lenovo Windows EOS 駆け込み寺」である。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る