【特別企画】

いかにしてスピード経営を実現するのか? - 経営基盤に求められる7つのルール

[2015/02/10 15:00] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

企業の経営環境を激変させるインターネットの発展

かつては、企業に一定の顧客基盤と独自ノウハウがある程度あれば、競争優位を持続することも可能であったが、消費者・生産者相互に同水準の比較情報を集められる今、よほどの特殊分野でない限り、縮小傾向の国内マーケットにおいて従前通りの取引規模を維持することは容易ではなくなった。

また、事業開発においても、個人・法人問わず相互関係がフラットになりつつあるインターネット環境下で次々に生み出される新サービスは、開発仕様・スケジュールなどあらかじめ整然と計画されたプロジェクトから生み出されるというよりも、少数の優れたイノベーターが集結し、サービスを手早くオープン、次々に機能を追加し、価値向上を目指す「走りながら」の開発が主役になりつつあるなど、開発環境にも大きな変化を見せている。さらに、ビジネスにおける個人と法人のインターネットを通じた情報共有を通じて、相互の垣根が低くなっており、企業全体の経営情報の取りまとめ役を担う財務責任者やIT責任者は、あるべき経営基盤の行く末を予測しながら、日常業務の効率化と同時並行で改善し続けることが求められるようになってきた。

これからの経営基盤を考えるのに必要なこととは

今後、企業の成長路線は、従来の枠内で事業を続ける以上に、業種・エリアを問わない多角的な事業展開が求められることが予想される。そうした新事業の展開においては、一定以上の失敗が伴うため、より厳格に撤退もしくは、事業の売却の判断が求められ、バックオフィスも、そうした経営スピードに対応する管理体制を構築する必要性がでてくるが、現実は必ずしもそうなってはいない。

こうした背景を踏まえ、管理責任者は各種業務プロセスとそれを管理補間するシステムデザインを行う上で、どのようなルールに則り構築していくべきなのか。業種業態を問わず必須となる財務会計システムとの統合も見据えた場合、留意すべき事項は7つあるという...

<続きはPDFで ⇒ ダウンロードはこちら

これからの経営基盤に求められる7つのルール~経営統合に向けた概念でシステムを考えるために~


本稿で紹介している、ネットスイート株式会社によるこれからの経営基盤に求められる7つのルール~経営統合に向けた概念でシステムを考えるために~の、PDF形式のホワイトペーパーを無償で配布しています。

⇒ホワイトペーパーをダウンロード

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
566
2
いかにしてスピード経営を実現するのか? - 経営基盤に求められる7つのルール
2017-09-07 10:49:20
かつては、企業に一定の顧客基盤と独自ノウハウがある程度あれば、競争優位を持続することも可能であったが、インターネットの発展が事業環境を一変させ、これからの成長路線は、新事業の開拓にあるともいえるようになってきた。一方、そうした新事業がうまくいかないと判断されたときは、事業の切り離しなどが必要になるが、それはバックオフィスにも切り離しのための作業を求めることとなる。そうしたシステムをデザインする上では、留意すべきポイントが7つあるという。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2015-02-10-003-index.top.jpg
かつては、企業に一定の顧客基盤と独自ノウハウがある程度あれば、競争優位を持続することも可能であったが、インターネットの発展が事業環境を一変させ、これからの成長路線は、新事業の開拓にあるともいえるようになってきた。一方、そうした新事業がうまくいかないと判断されたときは、事業の切り離しなどが必要になるが、それはバックオフィスにも切り離しのための作業を求めることとなる。そうしたシステムをデザインする上では、留意すべきポイントが7つあるという。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る