【特別企画】

クラウド利用で露呈した運用上の課題と対策とは

[2014/01/09 16:12] ブックマーク ブックマーク

  • ソリューション
  • ● 関連キーワード
  • SaaS

ソリューション

「Salesforce.com」に代表されるSaaS型のクラウドアプリケーションは、今やすっかりビジネスの現場に根付いた感がある。しかし一方で、クラウドの利用が広まるにつれ、その運用上の課題も露呈しつつあるようだ。その最たるものの1つが、基幹システムとの連携という問題だ。

クラウドサービスの利便性がいくら高いからといって、機密性の高い個人情報や取引情報をクラウド上に置くわけにはいかない。となれば、それらの情報をクラウドサービスから参照するためには、自ずとオンプレミスの基幹システムとの連携が欠かせない。しかし、このシステム連携の実装のために時間やコストを費やしてしまい、結果としてクラウドの導入メリットが帳消しになってしまうケースが極めて多いのだ。

JIECが提供する「Cast Iron クラウド連携サービス」は、まさにこうした課題の解決を目指して開発された、SaaSとオンプレミスシステムとを迅速かつ安価に連携させることができるソリューションである。

Cast Iron クラウド連携サービス例

SaaS-オンプレミスのデータが完全リアルタイムで同期

JIECは、もともとは金融系システムの制御プログラムやシステム連携のソリューションを長く提供してきた会社。EAIやSOA、ESBといったさまざまなプログラム/プロセス連携技術を手がけてきたこともあり、システム連携ソリューションはまさにお手のものだ。そんな同社が、SaaSのクラウドアプリケーションとオンプレミスの基幹システムとの連携を支援するサービスとして提供しているのが、Cast Iron クラウド連携サービスだ。

このサービスは、IBMが提供するシステム連携ミドルウェア「IBMWebSphere Cast Iron」(以下、Cast Iron)を使ってSaaS-オンプレミス間連携を実現するというもの。JIEC 基盤エンジニアリング事業部 営業部 部長の大山公裕氏によれば、Cast Ironを使った連携は一般的な連携ソリューションにはない大きな特徴があるという。

<続きはPDFで ⇒ ホワイトペーパーのダウンロードはこちら

内容一覧

  • SaaS-オンプレミスのデータが完全リアルタイムで同期
  • Cast Ironを使ったシステム連携の事前検証サービスを無償提供
  • 今後はSaaSとオンプレミスに加えモバイルアプリの連携もCast Ironで実現へ

SaaS─オンプレミス連携をわずか半日間で実装可能
新世代システム連携ソリューション「Cast Iron クラウド連携サービス」

本稿で紹介している、マイナビニュース取材、株式会社JIEC協力による『SaaS─オンプレミス連携をわずか半日間で実装可能 新世代システム連携ソリューション「Cast Iron クラウド連携サービス」』のホワイトペーパーを無料で配布しています。

SaaSとオンプレミスシステムの連携に悩んでいる方は、ぜひご一読をお勧めします。

⇒ホワイトペーパーPDFダウンロード

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る