【特別企画】

PCの入れ替えコストを大幅削減! 購入でもリースでもない第3の選択肢とは

[2018/12/25 08:30] ブックマーク ブックマーク

  • ソリューション

ソリューション

PCは購入するよりレンタルがおすすめ!-オリックス・レンテックが選ばれる理由

⇒ PDFのダウンロードはこちら

働き方改革の必要性が叫ばれるなか、企業は長時間労働の解消や生産性向上のためのさまざまな業務改善策を実施している一方、忘れられがちなのがPCなどのICT(情報通信技術)機器の整備である。

会議時間の短縮やペーパーレス化など、効率化のための策を講じることも重要だが、ITツールであるPCのスペック不足でパフォーマンスが落ちてしまっては本末転倒というものだ。真の業務改善を目指すなら、仕事道具であるPCはコストをかけてでも最新のものを導入すべきといえるだろう。

また、Windows7 OSのサポート終了も見えてきた今、古いPCを使い続けることはセキュリティー面でのリスクも大きいと言わざるを得ない。大企業であっても頻繁にセキュリティー事故が起きていることを考えると、マルウェア感染によるデータ流出の危険性は決して他人事ではないからだ。データを守るためにはセキュリティーソフトウエアの導入はもちろん重要だが、それ以前に最新のOSに入れ替えることが重要なのである。

こうした事情は、どの企業も認識しているだろう。それにも関わらずPCやOSを最新化している企業はそう多くないのが現状だ。大量のPCを入れ替える場合、購入にしてもリースにしても費用の負担は大きい。さらに、古いPCの廃棄やデータ消去などの工数が発生するなど、関係部署との調整や人的リソースといったPC自体の費用だけでなく、さまざまな見えないコストもかかってしまう。これが企業の腰を重くさせている要因なのだ。

ICT機器を最新に保つための最適解とは

では、なるべくコストをかけずにPCを入れ替える方法はないのだろうか。有力な手段のひとつとして、オリックス・レンテックが提供するレンタルサービスがある。なぜレンタルであればコストの問題が解決できるのか。本稿ではその理由について解説した資料を紹介する。下記のリンクよりダウンロードできる資料では、購入でもリースでもない”レンタル”ならではのメリットのほか、「代替保守」や「不要PC買い取り」「データ消去」といったオリックス・レンテックならではのサービスの詳細と、それを実現できる理由についても紹介されている。

また、資料内ではマイナビニュース会員500人に向けて実施した、ICT機器の利用状況に関するアンケート結果が分析されており、世の中の企業の働き方改革の実態が明らかになっている。

働き方改革を推進している企業はもちろん、PCの入れ替えの必要性を感じてはいるものの、コスト面が課題でなかなか話が進まないという悩みをお持ちのビジネスパーソンは、ぜひ本資料をダウンロードしてみてほしい。

提供レポートのご案内

PCは購入するよりレンタルがおすすめ!
オリックス・レンテックが選ばれる理由

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:オリックス・レンテック

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
Kubernetes入門
RPA入門
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る