【特別企画】

なぜ、今、レガシーマイグレーションなのか

[2013/10/07 07:30] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

いまも多くの企業が直面するレガシーマイグレーションの壁

オープン系システムが当然のように使われるようになった最近では、「レガシーマイグレーション」という言葉を耳にする機会も以前と比べてかなり少なくなった。とはいえ、いままさに国産汎用機から新たな環境にいかに移行すべきか悩んでいる企業も多いのではないだろうか。とりわけ中堅企業の場合、コストや人員、そして時間の制約もあり、長年使い続けてきた国産汎用機をベースとした業務システムを一度捨て去り、オープン系システム上に再構築するというのは、かなり勇気がいることだろう。

実際、十分な経験とスキルを有しない企業が国産汎用機からオープン系システムに移行するには依然として様々なリスクが伴うのも事実なのだ。まず、基幹系業務システムなどミッションクリティカルなシステムを移行する場合を考えてみよう。修正に修正を重ねて自社の業務に最適化し、枯れた技術によって安定稼働を続けてきたシステムを、信頼性の低いオープン系システムに移行するとなれば、厳密な事前検証が必要なのは言うまでもない。もし検証が不十分だった場合、業務が完全に停止してしまう恐れもあり、企業にとって甚大な被害を被りかねない。忘れてはならないのは、信頼性においてはいまもオープン系システムは汎用機にはるかに及ばないということだ。

加えて、移行にかかる費用や工数も膨大に膨らんでしまう可能性が高い。パッケージシステムの導入などによりもしもそれらを抑えることができたとしても、今度はさらに重要である業務そのものに大きな変更を強いる事態となってしまうことだろう。

70%ものコスト削減を果たしたあるユーザー企業のマイグレーション手法とは?

オープン系システムへの移行リスクが大きいからといって、現状の国産汎用機を使い続ければいいのかといえば、当然ながらそれも「ノー」だ。まず、変化の激しい昨今のビジネスシーンにおいて、単に移行リスクを避けるために国産汎用機を使い続けるというのでは、課題を先送りにしているに過ぎない。これでは、仮想化やクラウドなどの最新のテクノロジーを導入して自社のビジネスの成長を支援するといった戦略的なIT投資など望むべくもない。

しかも、国産汎用機のプラットフォームは将来性に不安があり、この先、きちんと扱うことのできるエンジニアを確保することすらままならなくなるのは、ほぼ間違いないだろう。さらにランニングコストもかさんでしまうため、国産汎用機を使い続けた場合の総所有コストは、その性能から考えればおよそ採算の合わないものとなってしまうことだろう。

豊臣ソフト開発株式会社 システム部 次長 中島吉貴氏

それでは、国産汎用機を抱える企業は一体どのようにマイグレーションを行えばいいのだろうか──その最適な手法を理解するためには、実際にマイグレーションに成功した企業の事例を知るのが一番の近道だろう。

下記のホワイトペーパーには、国産汎用機からのマイグレーションを短期かつ低コストで成し遂げ、設備コスト、保守コスト、運転コストを5年間で実に70%も削減することに成功した国内メーカーの事例が詳細に記されている。同社が移行先として選択した、国産汎用機とオープン系システム双方の"いいとこ取り"をした新しいプラットフォームの概要についても、他のプラットフォームとの比較とともに解説されている。レガシーマイグレーションの課題を抱える経営者やIT担当者であれば、ぜひダウンロードして一読する価値は必ずあるに違いない。

<続きはPDFで ⇒ ホワイトペーパーのダウンロードはこちら

内容一覧

  • 70%もコスト削減! 汎用機からのマイグレーション お客様が選択したものとは
  • 独自のノウハウで移行を成功に導くJBCCのマイグレーションサービス

『国産メインフレームからIBM Power Systems(IBM i)へ! お客様移行事例セミナー&さらに進化したPureFlexとは!』 のホワイトペーパーを無償配布中


本稿で紹介している、JBCCによるセミナー『国産メインフレームからIBM Power Systems(IBM i)へ! お客様移行事例セミナー&さらに進化したPureFlexとは!』 のホワイトペーパーを無償で配布しています。

「汎用機の保守期限が迫っており今後の運用に悩んでいる」「コストを抑えて基幹システムの見直しをしたい」といった方々に、ぜひご一読をお勧めします。

 ⇒ホワイトペーパーダウンロード

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
414
2
なぜ、今、レガシーマイグレーションなのか
2017-09-07 10:49:21
オープン系システムが当然のように使われるようになった最近では、「レガシーマイグレーション」という言葉を耳にする機会も以前と比べてかなり少なくなった。とはいえ、いままさに国産汎用機から新たな環境にいかに移行すべきか悩んでいる企業も多いのではないだろうか。とりわけ中堅企業の場合、コストや人員、そして時間の制約もあり、長年使い続けてきた国産汎用機をベースとした業務システムを一度捨て去り、オープン系システム上に再構築するというのは、かなり勇気がいることだろう。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2013-10-07-001-index.top.jpg
オープン系システムが当然のように使われるようになった最近では、「レガシーマイグレーション」という言葉を耳にする機会も以前と比べてかなり少なくなった。とはいえ、いままさに国産汎用機から新たな環境にいかに移行すべきか悩んでいる企業も多いのではないだろうか。とりわけ中堅企業の場合、コストや人員、そして時間の制約もあり、長年使い続けてきた国産汎用機をベースとした業務システムを一度捨て去り、オープン系システム上に再構築するというのは、かなり勇気がいることだろう。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る