【特別企画】

公認会計士・税理士が伝授! 経営力を強化する"経営の見える化"の実現

[2017/03/06 09:00] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

経営環境が目まぐるしく変わる現代、企業はその変化に臨機応変に対応する必要がある。そのために企業はさまざまな施策(持株会社制度の活用、グローバル対応、サプライチェーンの見直し、M&A、支店・工場・店舗等の各種拠点のスクラップ&ビルド、業務プロセスの改善 等)を実施し、経営環境の変化に対応しようとしている。そして、このような施策を立案、実施するうえで欠かせないのが”経営の見える化”だ。

経営の見える化とそのシステム化

経営の見える化とは、企業活動における前提、業績目標・業績結果・課題等の情報を常に目に見える形にしておくことだ。経営の見える化にまつわる情報にはさまざまなものがある。例えば財務データや非財務データ(従業員数、平均年齢等)、データの範囲を考慮すれば企業グループの観点からの連結データや個々の事業の観点からのセグメントデータ、業績目標・業績結果の情報等も考えられる。これらの経営の見える化の活動を通じて得られた情報を元に、業績の評価等を実施し、経営を改善するための行動計画を立案して、それを実行するのだ。

また経営の見える化には、システムの活用(自動化)がある程度欠かせない。企業が経営環境の変化に臨機応変に対応するためには、人海戦術だけでは限界があるからだ。経営の見える化をシステム化するには、目的と要件を明確にすることとスピードが重要である。

経営の見える化とグループ会計、事業の見える化(セグメント会計)との関係

経営の見える化とは、単体レベルの財務会計を基礎に財務分析するだけではなく、企業グループや個々の事業の状況をより深く複眼的に分析・点検することであり、連結会計・セグメント会計の視点が欠かせない。経営の見える化を支える手段の一つがグループ会計であり、セグメント会計なのである。

⇒ この続きはPDFでご確認ください >>

本稿で提供するPDFでは、企業が”経営の見える化”を実現するための手順とポイントなどを現役の公認会計士・税理士が詳細に紹介している。会計・経理部門から経営力を強化したいと考えている企業のご担当の方には、ぜひ一度目を通していただきたい。

(マイナビニュース広告企画:提供 NECネクサソリューションズ)

2491
2
公認会計士・税理士が伝授! 経営力を強化する"経営の見える化"の実現
2017-03-06 09:11:04
経営環境が目まぐるしく変わる現代、企業はその変化に臨機応変に対応する必要がある。そのために企業はさまざまな施策(持株会社制度の活用、グローバル対応、サプライチェーンの見直し、M&A、支店・工場・店舗等の各種拠点のスクラップ&ビルド、業務プロセスの改善 等)を実施し、経営環境の変化に対応しようとしている。そして、このような施策を立案、実施するうえで欠かせないのが"経営の見える化"だ。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2017/02/27/nec_nexs_mieru01.jpg
経営環境が目まぐるしく変わる現代、企業はその変化に臨機応変に対応する必要がある。そのために企業はさまざまな施策(持株会社制度の活用、グローバル対応、サプライチェーンの見直し、M&A、支店・工場・店舗等の各種拠点のスクラップ&ビルド、業務プロセスの改善 等)を実施し、経営環境の変化に対応しようとしている。そして、このような施策を立案、実施するうえで欠かせないのが"経営の見える化"だ。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る