【特別企画】

ビッグデータ活用の最適解!? 世界のトップ企業1000社以上が導入

[2016/12/05 15:24] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

「ビッグデータ活用」の取り組みは、あらゆる業種、業界で積極的に進められているが、ビッグデータの活用には、データを「収集」し、スピーディに「分析」して、その結果を製品やサービス、意思決定に「反映」するというサイクルを高速に回していく必要がある。データ量も更新頻度も従来とは比較にならないほどに膨大となったデータを、高速かつセキュアに取り扱える「分析プラットフォーム」を、いかに構築し、運用していくかという課題には、多くの企業が頭を悩ませているのではないだろうか。

世界初の「Hadoop」商用ベンダー「Cloudera」

そんな中、解決策のひとつとして、注目を集め続けているのが「Apache Hadoop」だ。Apache Hadoopは、オープンソースプロジェクトとして開発が続けられている、大規模データ向けの分散処理フレームワークである。Googleが採用していた基盤ソフトウェアを起源とし、従来のITアーキテクチャでは技術的、コスト的に難しかったデータ処理の実現や、システムに大きな負荷をかけていた処理の高速化を可能にするOSSだ。

「Hadoop」活用を独自に試行錯誤しているユーザー企業もあるが、一般的な企業がOSSからビジネス上のメリットを最大限に引き出すためには、商用サポートを手がけるベンダーの活用が欠かせない。Linuxなどと同様、そうした商用ベンダーは、企業に求められる仕様や機能、性能を開発コミュニティ経由で製品に反映し、ユーザーに対して十分なサポートを継続的に提供してくれる。

エンタープライズHadoopの世界で、現在、その重要な役割を担っている企業のひとつが「Cloudera」である。

Clouderaは、2008年に設立された世界初の「商用Hadoop」ベンダーだ。既に全世界で1000社以上の商用顧客を持ち、十分な実績も持つ。2009年には、Hadoopの生みの親として知られるDoug Cutting氏をチーフアーキテクトに迎え、Hadoopの開発プロジェクトに対する貢献度も高く、コミュニティからの信頼も厚い。

Hadoopパワーを最大限に享受する4つの「ソリューションモデル」

Clouderaでは、データ分析の用途や活用目的にフォーカスした4つのソリューションモデルを提供している。

CRMを発展させ、総合的な顧客リアルタイムビューを提供する「Customer 360」、サイバーセキュリティアーキテクチャの近代化を実現する「Risk&Security」、センサーからのストリーミングデータを集約・分析してビジネスに適用する「Product&Service」、企業内に分散したデータを効率的に統合する「IT Modernization」の4つが、そのモデルになる。

Hadoopは、幅広い業種や業務で活用できる一方、その性能を十分に発揮するためには、技術特性と用途に合わせたシステム設計が必須だ。また、OSSの常として日々改善が続けられているため、その動向にも注意を払う必要がある。

本資料では、分析基盤の「導入」や「運用」にまつわる、これらの課題を一任できる「Cloudera」のソリューションやサポート内容を紹介している。ビッグデータのパワーをより効果的にビジネスに反映したい担当者は是非学んで欲しい。

こんな課題を持つ担当者におすすめ

クリックで資料をダウンロード
●ビッグデータをビジネスで活用する必要がある
●セキュアかつ高速にデータを処理して欲しい
●導入後も幅広いグローバルの大企業の見地があるサポートチームに対応して欲しい

(マイナビニュース広告企画 : 提供 Cloudera)

2142
2
ビッグデータ活用の最適解!? 世界のトップ企業1000社以上が導入
2016-12-05 15:34:03
Apache Hadoopは、オープンソースプロジェクトとして開発が続けられている、大規模データ向けの分散処理フレームワークである。本稿ではその実績と機能を紹介する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/12/05/Cloudera/index.jpg
Apache Hadoopは、オープンソースプロジェクトとして開発が続けられている、大規模データ向けの分散処理フレームワークである。本稿ではその実績と機能を紹介する。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る