【特別企画】

ECサイト運営のキモは、「流入」を増やすより「離脱」を減らすこと

[2015/12/10 12:00] ブックマーク ブックマーク

EC事業者の最大の課題は「いかに 新規顧客を増やし、売り上げを拡大するか」ということ。その対策として、リスティング広告やSEO対策などに膨大な投資を行い、ECサイトへの流入量を増やすことに注力しているEC事業者も多い。しかし、競合が増えた現在では、その効果が限定的になっているのも事実だ。

「これまでのEC事業者は、ROAS(費用対効果)、つまり流入量と購入数の関係にしか注目していませんでした。これからは、ECサイトに流入した利用者が、購入までになぜ離脱したかを把握し、適切な対策を行うべき」と語るのは、ナビプラス セールス&マーケティング部部長である高橋敏郎氏。

そこで今回、同氏に取材し、ECサイトへの流入から購入までのプロセスを最適化する「ユーザスループット最適化 (UTO)」をコンセプトに開発された「NaviPlus」シリーズ についてお話を伺った。本資料には、その内容がまとめられている。

NaviPlus シリーズは、NaviPlus レコメンド、NaviPlus サーチ、NaviPlus レビュー、NaviPlus リタゲメールで構成されている。これらを活用すれば、検索、閲覧、比較、カート投入のプロセスを最適化し、売上を上げるための複数ソリューションを網羅的に利用できるようになるのだ。一気通貫でコンテンツとナビゲーションを最適化し、UTOを実践すれば、流入数を増やすことなくコンバージョン率の向上を達成できる。

本資料の情報が、EC事業の売り上げ拡大を実現するためのマーケティングプラットフォームを探している方々にとって、必読となる内容と言っていいだろう。

(マイナビニュース広告企画:提供 ナビプラス)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る