【特別企画】

CSやビジネスの向上は、システム基盤からアプローチできる - サーバとアプリケーションの統合監視ツール 「HPE SiteScope」

[2015/11/26 09:00] ブックマーク ブックマーク

CSやビジネスの向上は、システム基盤からアプローチできる

システム基盤とアプリケーションを個別に監視していると、障害発生時の原因究明が遅れ、結果、エンドユーザの満足度やビジネスに深刻な悪影響を及ぼしかねない。本稿で紹介する日本ヒューレット・パッカードのソフトウェア「HPE SiteScope」は、システム基盤とアプリケーションの双方を不整合なく監視するツールであり、企業ITの運用管理に携わる担当者にとって、決して少なくないメリットを提供する。

HPE SiteScopeが優れている、3つのポイント
1. 導入と運用が容易な「エージェントレス型」
2. 単一ダッシュボードで、システム・サービス双方を「統合監視」
3. インテリジェンスな搭載機能による、「高精度・高信頼性」

→ホワイトペーパーでは、上記3つの角度から「HPE SiteScope」の利点を解説する。

障害発生や性能劣化など、システムの安定稼働を阻害する要因を即座に発見し、迅速な対処を促す「システム監視」は、IT運用管理の基本的な業務の一つだ。従来、こうした業務を支援するツールの多くは、「エージェント型」に類する仕組みであり、監視対象のシステムに監視用のプログラム(つまり、エージェント)を常駐させ、管理サーバがそのプログラムから情報を受け取り、全体を管理・可視化するという方式を採用していた。

通常、システムとサービスはそれぞれの担当者がそれぞれのKPIで監視を行うが、障害の検知漏れやリソース面で問題が。HPE SiteScope はそれを解消することができる。 詳細はPDF資料でご覧下さい。 ⇒PDFダウンロードはこちらをクリック

この方式は、システムの状態を詳細に把握することが可能な一方で、「監視対象のシステムに一定の負荷をかける」、「管理対象上でのエージェントの動作検証が必要になる」といった課題も内包している。これに対して、監視対象にエージェントを常駐させずに監視を実行するツールが「エージェントレス型」と呼ばれるものだ。エージェントレス型では、監視対象のシステムに一切の手を加える必要はなく、負荷は非常に少ない。その「手軽さ」「軽量さ」から、より広範な層のユーザに利用されている。

本稿で紹介する「HPE SiteScope」はエージェントレス型監視ツールに分類されるが、先に述べた負荷の軽減に加え、システム・サービス双方の「統合監視」を行うことができる。万が一障害が発生した場合でも、トップダウン(サービスからシステム)/ボトムアップ(システムからサービス)の両アプローチで、障害発生の把握とその障害の原因を究明することができ、素早い復旧を実現することが可能になるのだ。

企業ITの運用管理に携わる担当者には、是非一度目を通していただきたい。

(マイナビニュース広告企画 : 提供 日本ヒューレット・パッカード)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る