【特別企画】

セキュリティ機器の盲点となる暗号化トラフィックを可視化する「SSL インサイト」

[2015/09/29 17:15] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

SSLを利用したデータ通信の暗号化を採用するウェブサイトが増加する一方で、暗号化した通信を悪用し、セキュリティ製品の監視を回避するサイバー攻撃が現れている。このような最新の脅威動向を鑑みれば、いまやセキュリティ対策は、システムの入口対策と出口対策を行い、多層防御も採用したとしても、完璧とは言えなくなっているのだ。

そこで本資料では、A10 ネットワークス ビジネス開発本部 マーケティング部 部長兼エバンジェリストの高木真吾氏に、SSLの暗号化を悪用した攻撃が増加している背景や、セキュリティ機器の盲点となりがちな暗号化トラフィックを可視化するソリューション「SSL インサイト」の特徴と同製品を活用した脅威からの防御方法について、話を伺った内容がまとめられている。

既存のセキュリティ対策ではSSL通信の中身をチェックできない以上、A10 ネットワークスの次世代アプリケーションデリバリーコントローラー「Thunder ADC」に搭載された「SSLインサイト」への注目度がますます高まっていくのは間違いない。本資料は、SSL通信に潜む脅威から企業を守りたいと考えるすべての方々にとって必読となる内容と言っていいだろう。

(マイナビニュース広告企画:提供 A10 ネットワークス株式会社)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
739
2
セキュリティ機器の盲点となる暗号化トラフィックを可視化する「SSL インサイト」
2015-09-29 17:49:01
SSLを利用したデータ通信の暗号化を採用するウェブサイトが増加する一方で、暗号化した通信を悪用し、セキュリティ製品の監視を回避するサイバー攻撃が現れている。A10ネットワークスの次世代アプリケーションデリバリーコントローラー「ThunderADC」に搭載された「SSLインサイト」ソリューションは、暗号化トラフィックを可視化することで、SSL通信に潜む脅威から企業を守ることができる。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/29/a10_ssl-endpoint/a10-ssl-endpoint.jpg
SSLを利用したデータ通信の暗号化を採用するウェブサイトが増加する一方で、暗号化した通信を悪用し、セキュリティ製品の監視を回避するサイバー攻撃が現れている。A10ネットワークスの次世代アプリケーションデリバリーコントローラー「ThunderADC」に搭載された「SSLインサイト」ソリューションは、暗号化トラフィックを可視化することで、SSL通信に潜む脅威から企業を守ることができる。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る