【特別企画】

情報漏洩の80%が内部要因!? あらゆるニーズに対応可能なソリューションとは

[2014/03/26 08:30] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

マイナビニュースは2014年3月5日、東京・竹橋のマイナビルームにて、「本当の優先順位を探る! マルチデバイス時代の情報漏洩対策セミナー」を開催した。

最近は、標的型攻撃や水飲み場型攻撃などの外敵脅威への対策が注目されているが、運用上の問題から発生する情報漏洩も依然として多いのが事実だ。日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の調べ(※)によれば、「管理ミス」「誤操作」「紛失・置き忘れ」が情報漏洩の原因トップ3であり、この3つでインシデントの80%を占めるという。つまり、企業がまず取り組むべき対策は、内部にあるのだ。

今回のセミナーでは、最新のセキュリティ被害調査の紹介と、内部対策を戦略的に進めるための方策について、4つのセッションが行われた。本稿では、協賛企業でもあるハンモックの藤田英雄氏の講演を基に、同社が提供する"現実解"を紹介しよう。

※出典:JNSA『2012年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【上半期 速報版】』

事例1:外出先でもWebフィルタリングを実現したい

ハンモック 営業本部 東日本営業部 営業二課 課長 藤田英雄氏は、「事例から見るIT統合管理のステップ導入」と題したセッションを行った。

ハンモックのソリューションは、実にさまざまな業種・業態で採用されている。一般企業はもちろん、区役所や市役所、県庁などの自治体や県警察本部など、要件の厳しい公的機関での採用が多いところも特徴だ。藤田氏によれば、多機能であるのに使いやすく、またさまざまな環境に適合できるAssetView PLATINUMのメリットが評価されているとのことである。

最初に紹介された事例は、クライアント数が1,000台程度の製造業である。もともとこの企業では、海外製のWebフィルタリングを導入していたが、運用上2つの課題があった......

続きが気になる方は、ぜひ一度、下記のレポートPDF(無料)をダウンロードして確認してみてほしい。

<続きはPDFで ⇒ レポートPDF&講演資料のダウンロードはこちら

内容一覧

  • 事例1:外出先でもWebフィルタリングを実現したい
  • 事例2:ウイルス対策のコストを削減したい
  • 事例3:職員の意識を改革してコンプライアンス対応を図りたい

『複雑なマルチデバイス環境では、将来を見据えたセキュリティ対策を-ハンモック 藤田英雄氏』 のレポートPDF&講演資料を無償配布中


本稿で紹介している、ハンモックによる『複雑なマルチデバイス環境では、将来を見据えたセキュリティ対策を-ハンモック 藤田英雄氏』のレポートPDFを無償で配布しています。
さらに、同社深澤氏による講演内容のレポートPDFと講演資料もあわせてダウンロード可能。

「低価格でセキュリティ対策を導入したい」「目的に合致したセキュリティ対策ソリューションを探している」といった方々に、ぜひご一読をお勧めします。

 ⇒レポートPDF&講演資料ダウンロード

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
477
2
情報漏洩の80%が内部要因!? あらゆるニーズに対応可能なソリューションとは
2017-03-01 17:41:05
マイナビニュースは2014年3月5日、東京・竹橋のマイナビルームにて、「本当の優先順位を探る! マルチデバイス時代の情報漏洩対策セミナー」を開催した。ここでは、今回のセミナーの協賛企業でもあるハンモックの藤田英雄氏の講演を基に、同社が提供する"現実解"を紹介しよう。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2014-03-26-002-index.top.jpg
マイナビニュースは2014年3月5日、東京・竹橋のマイナビルームにて、「本当の優先順位を探る! マルチデバイス時代の情報漏洩対策セミナー」を開催した。ここでは、今回のセミナーの協賛企業でもあるハンモックの藤田英雄氏の講演を基に、同社が提供する"現実解"を紹介しよう。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る