【特別企画】

テレワーク/在宅勤務の実現に、なぜDNSセキュリティが有効なのか

[2019/09/24 09:30] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

テレワークの推進に大きな課題となっているのがセキュリティだ。近年はクラウドサービスの利用が進んだことで、対策も複雑になりがち。そうしたなか、低コストで効率的なセキュリティを実現するアプローチとして注目を集めているのが「DNSセキュリティ」だ。

テレワーク/在宅勤務に有効なDNSセキュリティ

DNSセキュリティは標的型攻撃を早い段階で遮断し、Webセキュリティやメールセキュリティの手前のDNSでブロック

⇒ PDFのダウンロードはこちら

ICTを利用して時間や場所にとらわれない働き方を実現するテレワーク。社員の業務効率化と生産性向上を目的に、働き方改革の一環として採用する企業が増えている。「情報通信白書」(平成30年版)によると、テレワークの導入率は13.9%にとどまるが、ゆるやかな増加傾向だ。

働き方改革関連法の施行もあり、関心も年々高まるテレワークだが、導入の際にはセキュリティをどう確保するかが課題になりやすい。総務省では「テレワークセキュリティガイドライン」などを公表して支援しているが、多くの企業が予算や手間、リソースの関係でなかなか有効なセキュリティ対策を実施できないのが現実だ。

そうしたなか、テレワークや在宅勤務のセキュリティでDNSの有効活用を提案しているのが東京エレクトロン デバイス(以下、TED)だ。同社は、2006年からDDI(DNS、DHCP、IPアドレス管理)セキュリティソリューション「Infoblox」を取り扱い、通信キャリアや官公庁、大規模企業などへ多数の導入実績を持っている。

では、なぜテレワークにDNSセキュリティが有効なのか。


本稿で提供するPDFでは、テレワークに対するDNSセキュリティの有効性やTEDの実績が詳細に紹介されている。働き方改革の有効な一手として、テレワーク/在宅勤務の実現を模索している企業のIT担当、経営層の方には、ぜひダウンロードして、DNSセキュリティのメリットを確認していただきたい。

提供レポートのご案内

Infoblox × TEDが提唱する
テレワーク/在宅勤務を実現するために
必要なDNSセキュリティとは

≪目次≫

  • テレワーク/在宅勤務に有効なDNSセキュリティ
  • 低コストで効率がよくすべてのアプリを対象にできる
  • DDI製品Infobloxだけが持つ2つの特徴的な機能
  • すべてのコネクテッドカーにDNSセキュリティを展開する
    大手自動車メーカー
  • TEDのサポートがテレワーク/在宅勤務を後押し

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:東京エレクトロン デバイス

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る