【特別企画】

サイバー攻撃の起点として狙われる「Eメール」。いま企業に求められるセキュリティ機能とは

[2019/08/22 09:00] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

Eメールセキュリティの導入方法は2つ、オンプレミス型とクラウド型がある

⇒ PDFのダウンロードはこちら

ITの進化によって多種多様なコミュニケーションが発達した現代においても「Eメール」はビジネスに不可欠なツールといえる。

いまや全世界で飛び交う1日のEメール数は約2,700億通といわれるが、これがさまざまなサイバー攻撃のターゲットとなっているのをご存じだろうか。

特定の企業を狙った標的型攻撃などが急増しているなか、Eメールのセキュリティ対策はすべての企業にとって喫緊の課題となる。

Office 365のメールセキュリティを向上させるクラウド型サービス

とはいえ高度化・多様化を続けるサイバー攻撃に対処するには、従来のシグネチャベースの対策だけでは十分といえないのが現状だ。

さらに最近では、Office 365などクラウド型のサービスでEメールを活用する企業が増えてきており、セキュリティ対策においてもクラウド環境に親和性の高い製品を選ぶことが求められる。

本校からダウンロードできる資料では、企業を狙うサイバー攻撃の最新動向や、業務でEメールを利用する際に必要なセキュリティ機能について解説。

オンプレミス型/クラウド型のEメールセキュリティ製品それぞれの特徴、Office 365を利用しているケースにおける、クラウド型Eメールセキュリティサービスのメリットなどを確認できる。

Eメールセキュリティの重要性は理解していても、どのような製品を導入すればいいのか不安を抱えている企業の担当者は、ぜひダウンロードして判断の参考にしていただきたい。

提供レポートのご案内

Office 365だけでは不十分? ユーザ企業が考えるべきEメールセキュリティとは

  • 1. Eメールの世界は犯罪だらけ
  • 2. なぜEメールの世界にサイバー攻撃が耐えないのか
  • 3. もはや訓練や専門知識では見抜けない、最新の攻撃手法
  • 4. 企業で利用するEメールに必要なセキュリティ機能とは
  • 5. Eメールセキュリティの2つの導入方法
  • 6. Office 365と親和性が高いクラウド型Eメールセキュリティ
  • 7. お勧めのクラウド型Eメールセキュリティサービス FireEye ETP
  • 8. まとめ

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:ネットワークバリューコンポネンツ

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る