【特別企画】

急激な変化を伴う時代に対応するために - 『併存』という考え方

[2019/07/05 12:23] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

5月22日に開催された「迫るサポート終了!! 事例で学ぶ Windows10移行セミナー」にエムオーテックスの丸山悠介氏が登壇。急速にIT環境が変化する時代、ベンダーとユーザー企業のあり方を考察した。キーワードは「併存」だ。

既存のIT管理と新しいIT管理をどう「併存」させるか

統合型エンドポイントマネジメント製品「LanScope Cat」シリーズを展開するエムオーテックス。富士キメラ総研調査の「端末管理・セキュリティツール市場IT資産/PC構成管理ソフトウェア部門」では14年連続トップシェア獲得するなど、国内ネットワークセキュリティ市場では高品質で成熟したものとして評価されている。

しかし、高品質な製品を作り続けさえすれば、ユーザーがその製品を使い続け、ユーザーのITガバナンスやセキュリティが保たれるというわけではない。ユーザーの変化にすばやく対応することがカギだと丸山氏は説明する。

「今の時代を『変化の時代』と捉えると、変化の時代だから我々も変化していこう、と抽象的になってしまいます。並存の時代と捉える事で、どの流れが終わりつつあるのか?新しい流れは何なのか?どのようにシフトチェンジするか、と具体的な施策に落とし込んでいくことが出来ます。本日はこの『並存』を意識して今のトレンドと新しい考え方についてお話していきます。」(丸山氏)


どうすれば急激に変化していくIT環境、セキュリティリスクに対して臨機応変に素早く新しい取り組みを進めることができるのか。本稿で提供するPDFでは、丸山氏が講演で語ったその具体策が紹介されている。Windows 10 移行を機にIT管理を見直したい担当者は、ぜひ本資料をダウンロードし、目を通していただきたい。

提供レポートのご案内

迫るサポート終了!!
事例で学ぶ Windows10 移行セミナー
エムオーテックス丸山 悠介氏 講演レポート

≪目次≫

  • 既存のIT管理と新しいIT管理をどう「併存」させるか
  • OODAループを活用し、現場レベルで問題を可視化
  • ビジネスのあり方が変わる中、ユーザーと一緒にビジネスを作る

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:エムオーテックス

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る