【特別企画】

日々巧妙化するサイバー攻撃 - もしものときに、会社を守るための事故対応とは

[2019/05/17 10:19] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

マイナビニュースは、2019年3月20日東京・新宿にて、情報セキュリティセミナー「事故対応の勘所」を開催。もしものときに企業の大切な資産を守るための方法について、過去の事例から浮かび上がった対策の解説と、それを支援する数々のソリューションの紹介が行われた。

セッションに登壇したSecureWorks Japanの古川勝也氏は、現在のセキュリティ対策が、検知から侵入されても目的を達成させないという方向にシフトしており、そのために重要なMDR(Managed Detection & Response)という考え方とそれを実現するソリューションを紹介。ジュニパーネットワークスのセッションでは、セキュリティ運用プラットフォーム「Juniper Advanced Threat Prevention Appliance(JATP)」とCarbon Blackとの連携デモを行い、エンドポイントとネットワークの統合の重要性を説いた。

また、Netskope Japanの小林宏光氏は、クラウドサービスの各利用段階で発生するクラウドとWebの課題に対して、どのように取り組むべきかを紹介。Tenable Network Security Japanの阿部淳平氏は、継続的な脆弱性管理を行うソリューション「Cyber Exposure(サイバーエクスポージャ)」について解説を行った。

それぞれの講演の詳細については、提供レポートをぜひ参考にしてほしい。

提供レポートのご案内

【セミナーレポート】
もしもの時、会社を守るための事故対応とは

≪レポートの主な内容≫

  • SecureWorks Japan 古川勝也氏
  • ジュニパーネットワークス 武堂貴宏氏
  • カーボン・ブラック・ジャパン 大久保智氏
  • Netskope Japan 小林宏光氏
  • Tenable Network Security Japan 阿部淳平氏

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:ジュニパーネットワークス、カーボン・ブラック・ジャパン、SecureWorks Japan、Netskope japan、Tenable Network Security

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る