【特別企画】

高度化したサイバー攻撃への対策、重要となるのは適切なインシデント対応と迅速な復旧体制の構築

[2019/05/17 09:19] ブックマーク ブックマーク

  • セキュリティ

セキュリティ

ITのビジネス活用が当然のものとなった現代では、企業を狙ったサイバー攻撃が激化している。多様化・高度化を続ける攻撃に対し、これまでのセキュリティ対策だけでは不十分だ。

これからは「いかにサイバー攻撃を防ぐか」という「防御」「検知」といった従来の対策に加え、「サイバー攻撃の被害をいかに最小化しビジネスを継続させるか」という「対応」「復旧」対策も重要となる。近年、話題にあがることが増えてきた”サイバーレジリエンシー”は、こうした『サイバー攻撃によるリスクすべてを防御するのは不可能』と考える時代に合わせて生まれた概念といえる。

調査によれば多くの企業が「防御」一辺倒の体制にあるといえる

⇒ PDFのダウンロードはこちら

ふたつのソリューションを組み合わせて”サイバーレジリエンシー”を強化する


高度化したサイバー攻撃により、甚大な被害を出したという事例は増えてきている。システムに侵入・潜伏してシステム全体を掌握し、バックアップデータやディザスタリカバリー(DR)データも含めて破壊、暗号化を行ったという事例もあるほどで、企業が導入しているBCP対策が有効に機能しないケースもあるのが現状だ。

本資料では、こうした課題を解決するためのソリューションとして、Dell EMCの「Cyber Recovery
Solution」と、Secureworksの「Incident Management Retainer(IMR)」をピックアップ。

通常行っているデータバックアップ・リカバリの延長線上で、高度化したサイバー攻撃からの「安全性を担保したデータ保護と復旧」を実現するデータ復旧ソリューションである前者と、データ復旧の体制を強化して迅速かつ安全な復旧対応をサポートする、インシデントの事前・事後対応サービスである後者。

資料では、その組み合わせによりサイバーレジリエンシーを強化できることが解説されている。適切な投資でデータの保護から再発防止も含めたインシデント発生後の対応・復旧まで、課題をトータルにクリアしたいと考えている企業担当者は、ぜひ資料をダウンロードして確認していただきたい。

提供資料のご案内

バックアップ・DR対策からインシデント対応まで
一貫したソリューションで「サイバーレジリエンシー」を強化する

  • サイバー攻撃の高度化でバックアップやDRが機能しないケースも
  • サイバー攻撃からデータを復旧するDell EMCの
    Cyber Recovery Solution
  • インシデントの事前・事後対応サービスでデータ復旧の体制を強化

>> PDFのダウンロードはこちら


 インテル®
 Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における
 Intel Corporation またはその子会社の商標です。


[PR]提供:Dell EMC

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る