【特別企画】

なぜ今DNSサーバが狙われるのか? 現状を知り解決策を導く

[2019/04/15 09:00] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

今、DNSセキュリティが注目され始めている。日本でも金融機関や製造大手企業などで導入が進んでいる一方、IPS(不正侵入検知)やサンドボックス、アンチスパムなど、「これまでに投資してきたセキュリティ対策で十分」と考える企業も多いようだ。では、なぜ今DNSサーバは狙われるのか。

DNSサーバが狙われる理由と被害

Infobloxのソリューション構成イメージ図

⇒ PDFのダウンロードはこちら

DNSサーバ(外部・内部)が攻撃の対象となる理由は、DNSサーバがインターネット通信において、ミッションクリティカルな存在であることや、DNSクエリへの監視がまだまだ緩いことなどが挙げられる。さらにDNSサーバに侵入し、そこにある登録データを変更すれば、ユーザをフィッシングサイトに誘導することもできてしまう(キャッシュDNSポインズニング)。

そのため、2016年には米国企業のDNSサーバにDDoS攻撃が仕掛けられ、同社がDNSサービスを提供していた多くの企業に影響が出た。また同年ブラジルでは、ハッカーが預金者のクレジットカード情報を収集する事件も発生している。

企業がこうした事件に巻き込まれないためには、外部DNSサーバへの攻撃を防ぐと同時に、内部DNSサーバ・キャッシュDNSサーバの監視を徹底する必要がある。


本稿で提供するPDFでは、DNSサーバが現状で晒されている危機、およびそれに対応しシステム管理の効率化にも貢献するInfobloxのトータルソリューションについて紹介。これにより、組織全体のIPアドレスを管理でき、不正デバイスの接続やインシデントの発生、その原因となった端末とログインユーザーの特定も即座に行える。巧妙化するサイバー犯罪から組織を守りつつ、効率的なビジネスを続けていくために、ぜひダウンロードしてその内容を確認していただきたい。

提供レポートのご案内

DNSセキュリティからIPアドレス管理の効率化まで!
Infobloxのトータルソリューション

≪目次≫

  • DNSサーバが狙われる理由と被害
  • 独自技術を投入した高度なDNSセキュリティ
  • 管理の効率化と迅速なインシデント対応を実現

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:Infoblox

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る