【特別企画】

WannaCryやPetyaからも防御! ランサムウェア被害を防ぐ新たなアプローチ

[2017/08/07 09:00] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

今年5月から6月にかけてランサムウェア「WannaCry」と「Petya」が世界中で猛威をふるうなど、ランサムウェアの攻撃性と凶悪性が増している。ビジネス文書や画像、動画、音声データ等の重要なファイルへのアクセスを阻み、金銭の支払いを要求するランサムウェアにひとたび感染してしまえば、企業は業務遂行が困難となるおそれがある。

さらに標的型攻撃をはじめとするあらゆるサイバー攻撃手法が複雑化・高度化していることも加味すれば、業種業態や規模を問わず、すべての企業は、サイバーリスクが増え続ける状況にあってもビジネスを成功させる術を学ばなければならないといえるだろう。

本稿で紹介するふたつの資料、「HOW TO STAY PROTECTED AGAINST RANSOMWARE:ランサムウェアから身を守るには」と「Synchronized Security:革命的な脅威対策」は、そのためのアプローチを解説している。

前者の資料は、ランサムウェアの特徴や侵入経路から、どうしてランサムウェアによる攻撃が成功しやすいのか、過去にどのような大規模攻撃が行われているのかなどについて詳しく記している。そのうえで、貴重な情報資産をランサムウェアから守るために抑えておくべきセキュリティ手順や、ランサムウェアを防ぐことができる最新保護テクノロジーについて解説する。

もうひとつの資料は、サイバーリスクが増大し続けるなか、人的リソース不足や、セキュリティ製品のサイロ化など、今日の企業におけるセキュリティ対策の課題を浮き彫りにしている。資料後半では、これらの課題を解決するITセキュリティへの新しいアプローチとなる「Synchronized Security」の概要と、その効果について詳述。「Synchronized Security」は、エンドポイントとネットワーク基盤とを管理基盤を経由せずとも連携でき、お互いのステータスを情報交換することを世界で初めて可能にしたクラウドベース管理のシステムである。

ふたつの資料を一読すれば、ランサムウェアを正しく認識し、適切な対策を施すためのアプローチと、ますます高度化していく今後のサイバー攻撃に備えるための、次世代型のセキュリティシステムについて深く知ることができるだろう。資料をダウンロードのうえ詳細を確認し、セキュリティ上のあらゆる脅威から自社を守りつつ、ビジネスを成功させるためのビジョンを描いていただきたい。

提供レポートのご案内


『HOW TO STAY PROTECTED AGAINST RANSOMWARE:ランサムウェアから身を守るには』

≪目次≫

  • ランサムウェアの概要
  • ランサムウェアの攻撃が成功している理由とは?
  • ランサムウェアの侵入経路
  • Wanna Decrypt0r 2.0 ランサムウェアによる大規模な攻撃
  • 今すぐ始めるべき 9つのセキュリティ手順
  • ランサムウェアを防ぐ保護テクノロジー


『Synchronized Security:革命的な脅威対策』

≪目次≫

  • セクション 1:サイバーリスクの現状
  • セクション 2:セキュリティ対策の現状
  • セクション 3:IT セキュリティへの新しいアプローチ
  • セクション 4:ソフォスのアプローチ
  • セクション 5:Synchronized Security:最新脅威のブロック
  • 概要

[PR]提供:ジェイズ・コミュニケーション、ソフォス

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2952
2
WannaCryやPetyaからも防御! ランサムウェア被害を防ぐ新たなアプローチ
2017-08-07 11:12:49
本稿では、ランサムウェアを正しく認識し、適切な対策を施すためのアプローチと、ますます高度化していく今後のサイバー攻撃に備えるための、次世代型のセキュリティシステムについて深く知ることができるふたつの資料を紹介する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2017/08/07/Jscommunication_index.top.jpg
本稿では、ランサムウェアを正しく認識し、適切な対策を施すためのアプローチと、ますます高度化していく今後のサイバー攻撃に備えるための、次世代型のセキュリティシステムについて深く知ることができるふたつの資料を紹介する。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る