【特別企画】

セキュリティコストの最適化と管理性向上を両立する、セキュリティ対策ソリューションとは?

[2015/12/03 09:00] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

決め手は、幅広いOS対応と定数カウントのライセンス形態

通常、自治体のIT関連調達は、市の情報部門と教育委員会が別々の方式で行うことが多い。それにより、システムなどの導入コストが高くなったり、保守体制などで問題が生じるケースが大半だ。

愛知県豊川市でも、ソフトの個別管理の問題などでウイルス対策が一元的に実施できておらず、セキュリティ統制に課題を抱えていた。そこで、クライアントのセキュリティ強化を目的に、ウイルス対策ソフトの一元化を実施。そのソリューションとして選定したのが、ソフォスの「Sophos EndpointProtection Advanced 自治体ライセンス/スクールパックライセンス」だ。

新しいウイルス対策ソフトを比較検討した結果、豊川市が同製品を選んだポイントは、ソフトをインストールするクライアントの台数を問わないライセンス形態と、幅広いOSへの対応の2点。導入後は、すべてのクライアントでウイルス対策ソフトを統一したことにより、確実なセキュリティ統制を実現。また最大の効果は、クライアント台数の増減によってライセンスを管理する必要がないため更新手続きが楽になるなど、管理負荷を大幅に軽減できたことにある。

本資料では、豊川市が実現した「ウイルス対策ソフトのコスト削減」「セキュリティ管理工数の低減」「ライセンス管理の簡素化」について、その詳細な経緯と導入後の効果などを紹介している。企業や自治体でITの運用管理に携わる担当者には、是非一度目を通していただきたい。

(マイナビニュース広告企画:提供 ソフォス)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る