【特別企画】

マイナンバー対応で標的型攻撃が急増 あなたの会社も情報漏えいのターゲットに

[2015/11/25 18:25] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

標的型攻撃は多層防御と呼ばれるセキュリティーへの取り組みが大切

企業におけるセキュリティー対策の難しさ、そして重大さを再認識させた「標的型攻撃」。最近でも日本年金機構への攻撃をはじめ、過去にも数々の公的機関や大企業が情報流出の被害に遭っている。これらは、大規模で社会的に影響があるために大きく報道されるだけで、氷山の一角であることは間違いない。1台のPC感染が大規模な個人情報漏洩に繋がる危険性をはらんでいる。

標的型攻撃は完全防御が難しく、「多層防御」と呼ばれる複合的なセキュリティーへの取組みが何よりも大切だと言われている。株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトは、この標的型攻撃を防御するための、2つのセキュリティーサービスを提供する。ひとつは訓練。もうひとつは運用・監視に関わるサービスだ。

2016年1月から開始されるマイナンバーの対策も本格化するなか、運用から監視、教育までセキュリティーを広くカバーするソリューションを知ることが、着実な対策を生み出すことに繋がるだろう。

サービスの詳細はこちら

(マイナビニュース広告企画:提供 株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト)

1032
2
マイナンバー対応で標的型攻撃が急増 あなたの会社も情報漏えいのターゲットに
2016-05-31 17:01:02
標的型攻撃は完全防御が難しく、「多層防御」と呼ばれる複合的なセキュリティへの取組みが何よりも大切だと言われている。株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトは、この標的型攻撃の防御に対する取組みとして"着実"な前進を促すであろうセキュリティにおける2つのサービスを提供する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/10/19/nttmynamber_index.jpg
標的型攻撃は完全防御が難しく、「多層防御」と呼ばれる複合的なセキュリティへの取組みが何よりも大切だと言われている。株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトは、この標的型攻撃の防御に対する取組みとして"着実"な前進を促すであろうセキュリティにおける2つのサービスを提供する。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る